詐欺

2020年12月20日

元宮銀行員に懲役6年 1億円詐取で宮崎地裁判決

架空の高金利定期預金を持ち掛けるなどして顧客や銀行から計1億円をだまし取ったとして、
詐欺罪に問われた宮崎銀行の元行員(47)=住所不定=の判決公判で、宮崎地裁は18日、「常習的に銀行員である立場を利用した悪質な犯行」として懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。

2020/12/19宮崎日日新聞

bouhantaisaku at 12:12|Permalink

2020年11月16日

注文していないマスク届いた-4〜9月消費生活相談が3割増

2020/11/15京都新聞

京都府福知山市消費生活センターに寄せられる相談件数が増加している。
4〜9月は193件で、昨年同時期の142件から約3割増えた。「注文していないマスクが届いた」といった相談もあり、新型コロナウイルスの影響があるとみられる。

外出自粛もあって通信販売関連の相談が増え、中国など海外からマスクが届く被害も確認されている。
これまで少なかった学生からの相談も目立ち、約款や説明をよく読まずに化粧品やサプリメントが2度届いた例もあったという。

府消費生活安全センターによると、新型コロナに関する相談は同センターと広域振興局、市町村の合計で約1890件(10月中旬時点)に上るという。

市消費生活センターは、「注文していない商品が送り付けられた場合は、個人情報が伝わる恐れがあるためすぐに事業者に連絡しないで」と呼び掛けている。身に覚えのない商品でも所有権は事業者にあるため、14日間たってから処分するよう呼び掛けている。


bouhantaisaku at 09:23|Permalink

2020年11月14日

持続化給付金100万円詐取 容疑で和歌山の男逮捕

2020/11/13産経新聞

国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金100万円を詐取したとして、和歌山県警海南署は12日、詐欺容疑で同県海南市のアルバイトの容疑者(28)を逮捕した。容疑を認めているという。
持続化給付金をめぐっては全国各地で詐欺事件が相次いでいる。県警によると、県内では逮捕は初めてという。

逮捕容疑は、7月2日、給付対象の個人事業主と偽って申請し、指定口座に給付金を振り込ませたとしている。署によると、7月中旬ごろ、容疑者が給付金を不正受給していると匿名の通報があり、捜査していた。

bouhantaisaku at 16:03|Permalink

2018年07月11日

西日本豪雨 「被災地に窃盗団」SNSでデマ拡散

西日本豪雨で、「被災地に窃盗団が入っている」などのデマ情報が会員制交流サイト(SNS)で拡散しているとして、広島、岡山、愛媛などの各県警が注意を呼びかけている。

広島県警などによると、9日朝ごろから、「レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている」「犯人が乗っている車は○○で、ナンバーは○○○○」といった投稿がツイッターなどで拡散されているのを確認。岡山、愛媛各県の被災地でも、同様のデマ投稿が出回っている。

広島県警は「現時点でそのような事実は把握していない」とし、ホームページや避難所で注意喚起している。

2018/7/11産経新聞

bouhantaisaku at 10:05|Permalink

2009年09月28日

ゆうパックの代金引換詐欺

こんにちは。
郵便屋さんの「こうちゃん」です。

以前掲示板にも書き込みいたしましたが最近また「代金引換郵便」の詐欺が横行しているようです。郵便局や宅配業者になりすまして代金を取るケースです。(必ず服装、胸彰を確認してください。また「送りつけ商法」もあります。こちらは厄介です。中身がなんだかわからないものを私達郵便局員が代金徴収するわけですからね。実例として「ボールペン1本」で代金3000円とかありました。
本人ならば確認できるのですが、家族の人が払ってしまうのです。
 被害にあわないようにするためには、必ずその取引が正しいか確認してください。(金額、会社名など・・)中身は私達でも開ける音はできません。また基本的に代金を返却できません。

私達も本人以外から代金を徴収しないとのお達しがでていますが、なぜか被害が絶えません。
フリマでのトラブルもありました。(中身が違うと言って郵便局に怒鳴り込んできたそうで窓口混乱状態だったそうです)悲々・・
「そんなこと言われても・・・」

///
とにかく郵便屋さん、宅配さんで「代金引換」は
一度疑ってみてください。
「あなたは誰?誰からの?誰宛の?料金は?」
どうかよろしくおねがいします。
///

文書めちゃめちゃでごめんなさい。


一戸建て住宅の防犯対策と体験談、グッズの紹介



防犯


防犯のヒントと体験談、口コミ情報、ホームセキュリティ-セキュリティ情報com


防犯


防犯とホームセキュリティの導入事例、防犯カメラをご紹介-安全対策.com


セキュリティ-防犯対策や災害、事故、個人情報などのセキュリティリンク集




bouhantaisaku at 21:14|Permalink

2009年04月07日

次点落札詐欺- 落札者がキャンセル…という偽メールに注意

-IDとメールアドレスのアカウントが同じ人がターゲットに-
2006年6月記述
 
 インターネットオークションで
 次点以下となった参加者に対し、出品者を装って
 「落札者がキャンセルした」などと
 うそのメールを送って架空の取引を持ちかけ 
 現金をだましとる
 「次点落札詐欺」の被害が相次いでいます。
 

 次点落札詐欺は出品者になりすまし、
 「落札者が事情で商品を購入できなくなった。
 代わりに、入札した金額でよいので取引したい」
 などとするメールを送り、現金をだまし取る手口。
 本来の落札価格より安価の金額で購入できると思わせるため、
 被害が相次ぐという。
 
 警察は、
 落札できず、がっかりした参加者の心理を狙ったものと指摘。
 中には、出品者を装った複数のメールが一度に届いた参加者もおり、
 被害の拡大が懸念されている。


bouhantaisaku at 20:45|Permalink

2009年03月08日

フィッシング詐欺で全国初の逮捕者、偽ヤフーで個人情報入手

◇フィッシング(Phishing)詐欺とは?
 http://www.security-joho.com/topics/2005/phishing.htm

 大手企業を装いランダムにメールを発信、
 メールの受信者に偽のホームページにアクセスするよう仕向け、
 そのページから個人の金融情報
 (クレジットカード番号、ID、パスワード等)
 などを入力させるなどして
 個人の金融情報を不正に入手する詐欺の手口です。


 ◇UFJカードで被害、海外で約150万円引き出し
 http://www.security-joho.com/topics/2005/fishingsagi1.htm
 『セキュリティーを強化します』などのメールが届き、
 そこに書かれたアドレスでカード会社の偽ホームページに接続。
 カード番号や暗証番号などを記入してしまった、という事例。
  
 ◇メールで偽ホームページにアクセスさせ、暗証番号を狙う詐欺
 http://www.security-joho.com/topics/2004/fishingsagi.htm


bouhantaisaku at 11:59|Permalink

クレジットカードを使う際の注意点

http://www.security-joho.com/topics/2002/cardhanzai.htm
 国内でもクレジットカードの不正使用被害が
 一気に増加しそうな気配です。
 
 おかしいな、と気づいたときの対策
 
 実に覚えのない買い物に気付いた時は即!
 カード会社と警察に届け出る。
 一般に、
 カード被害の補償は届け出た日から60日前までのものに限られます。
 ここで重要なのが、支払日の10日程前に送られてくる利用明細。
 通常、支払日と締め日の間はおよそ1ヶ月、
 その間に利用明細が届きます。
 その利用明細で盗難被害に気づいて速やかに届け出を出しさえすれば、
 60日以内なので全て補償されます。
  
 見の覚えのない買い物など、明細に不審な点があったら
 すぐにカード会社に問い合わせてみてください。

 ◇クレジットカードが盗まれました..。そんなときの対策は?
 http://www.security-joho.com/topics/2002/card2002.htm


通帳、印鑑の盗難被害、印鑑、カード、偽造、預金者保護法


bouhantaisaku at 11:57|Permalink

悪徳リフォーム業者を見破る8つのチェックポイント

 http://www.dogdog.jp/house01.htm
 テレビ番組の影響でリフォームがブームです。
 リフォームといえば『悪徳業者』を連想させるほど詐欺まがいの行為を
 する業者が多いのも事実です。
 そんな悪徳業者に騙されないためにも下記の8つの項目をチェックしてみましょう。


 1.優良リフォーム業者は飛び込み営業をしない
 水質検査やシロアリ診断など、悪質業者は家に上がりこむために
 様々な口実を使います。
 彼らは販売のプロですが、建築のプロという補償はありません。

 2.リフォーム工事会社は誰でも開業可能
 工事金額500万円以下、工事面積150平米以下のリフォーム工事は
 業者登録(建設業許可)が不要のため、
 専門外の業者もリフォーム工事会社を名乗っています。
 
 3.「地震診断士」などの民間資格に惑わされるな
 「地震診断士」や「屋根裏診断士」は国家資格ではありません。
 耐震検査など、家屋の強度診断は専門家でも難しく、
 民間資格の専門家が「これでは家屋がもたない」と即答すること自体が
 詐欺行為に近いのです。

 4.カタログの型番には要注意
 バス、トイレ、システムキッチンなどの大手メーカー品を、
 リフォーム業者独自の型番をつけて販売しているのは定価以上で
 売りつけるための事が多いです。
 価格を記載していない業者さえいるみたいです。

 5.『独自商品』による工事に騙されるな
 業界標準の認定品である「Zマーク」などの金具を使用しない耐震工事は
 法的には無意味な工事です。
 独自商品の価格はたいてい業界標準品の数倍〜数十倍です。

 6.シロアリ業者が勧める床下換気扇は要注意
 床下換気扇が必要になるような湿気の高い家は、
 沼地の跡地に建ったような家などで、ごくごくまれなケースのみです。
 気休め程度にしかならない商品としては高価すぎます。

 7.工事内訳書のない契約書は論外
 契約時に、何のための工事で、その工事にどんな機材や設備をどう使うのかなど
 を示した工事内訳書を提出しない業者は論外です。
 口約束だけで工事を着工したら必ずトラブルになります。

 8.工事終了シールに用心
 悪質リフォーム会社が玄関に貼っていく『リフォーム工事終了証』のシールは
 『絶好のカモ』の目印で、次から次へと悪質業者が訪ねてくることになります。
  
 ※週間ダイヤモンドより引用


bouhantaisaku at 11:56|Permalink

2007年09月10日

水道詐欺?悪徳セールスマン?

先日、不審な訪問者がいました。夕方にある企業名を名乗る男性がピンポーン。「この地区の水道水がまずい、変な匂いがするという訴えがありました。それは塩素が原因かもしれません。検査したいので、コップに一杯水汲んでくれませんか」でした。インターホーン越しに対応したので、断りました。
祝日のしかも夕方に普通の企業は訪問しないと思います。ドアを開けなくて良かったです。こんな経験された方いらっしゃいますか?

○○○

よくある悪質訪問販売のパターンです。
浄水器を売りつけようとしていたんでしょう。
ドアを開けなくて正解でした。

おすすめ防犯システム!
BBeeホームセキュリティ
就寝中、在宅中も警戒モードにできるBBeeホームセキュリティ。月々の管理費用の要らない本格派防犯システム。一戸建て住宅、マンション、アパートの空き巣、防犯対策に。


警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!






bouhantaisaku at 16:57|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: