火事

2013年02月09日

スプリンクラー9割超なし。グループホーム義務化対象外。3年前調査、国は費用助成

総務省消防庁が2010年に行った調査によると、全国の認知症高齢者が入所するグループホームのうち、スプリンクラーを設置しているのは4割にとどまる。設置義務のない小規模施設では9割超が未設置で、厚生労働省は設置費用の助成を進めていた。

消防庁は10年3月に札幌市で7人が死亡したグループホームの火災を受け、全国の1万451棟を対象に緊急調査を実施した。調査時点でスプリンクラーを設置していたのは4129棟(35.9%)。延べ床面積275平方メートル以上は設置が義務付けられていたが、52.5%は未設置だった。

義務化の対象外となる施設では6.7%しか設置されておらず、厚労省は費用を助成し、設置を促していた。 


時事通信 2013年2月9日



住宅用火災警報器とは?


bouhantaisaku at 07:43|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: