詐欺

2022年01月27日

他人のカード情報で不正購入、荷受け代行募り商品回収

他人のクレジットカード情報で商品を不正購入したとして、警視庁は24日、東京都港区の会社役員の男(32)を私電磁的記録不正作出・同供用と窃盗容疑で逮捕したと発表した。
発表によると、男は昨年2月、栃木県の20歳代女性のクレジットカード情報をネットサイトに入力し、乳酸菌サプリ1箱(約3万7000円)を不正購入した疑い。

商品は「荷受け代行」と称してSNSで募集した大阪府のアルバイト宅に届けさせた後、都内の別のアルバイト宅に送らせ、回収して転売。「足がつかないようにバイトを使った」と容疑を認めている。
警視庁は男が仲間と共に2018年11月以降、同様の手口で約3億円を得たとみている。

2022/1/24 読売新聞オンライン

bouhantaisaku at 17:32|Permalink

2022年01月24日

化粧品転売、3億円売り上げか 他人クレカ悪用疑いで男逮捕

不正入手した他人のクレジットカードで化粧品を買い、転売したなどとして、警視庁は24日までに、窃盗などの疑いで、古物商の容疑者(32)を逮捕した。2018年11月からの3年間で、約3億円を売り上げたとみて調べる。

サイバー犯罪対策課によると、容疑者は他人のクレジットカードで商品を不正購入するグループのリーダー格。高額転売できるサプリメントや化粧品などのリストをグループに渡し、商品を購入させていた。

自宅に届いた荷物を報酬を得て転送する「荷受け代行」を利用してグループから商品を受け取り、通販サイトで転売を繰り返していた。
昨年までに16人が摘発されたグループへの捜査で容疑者の関与が浮上。「クレジットカードを不正利用し購入していると気付いていた」と話し、容疑を認めているという。
逮捕容疑は昨年2月、不正入手した栃木県の20代女性のカードで約3万7000円のサプリメントを購入し、窃取するなどした疑い。 

2022/1/24 時事通信


bouhantaisaku at 15:08|Permalink

2021年12月27日

SMS記載番号に電話、未納料金があるが始まり50回以上にわたり計5610万円詐取

山形県警特殊詐欺対策強化推進本部と山形署は24日、実在する通信料金回収業者「NTTファイナンス」(東京)を名乗る人物から、有料サイト閲覧の未納料金があるなどとして、山形市の60歳代女性が現金計5610万円をだまし取られる特殊詐欺被害に遭ったと発表した。被害金額は今年最高額で、昨年1年間の被害総額(約5466万円)を上回った。

発表によると、女性は8月28日、同社を装ったショートメッセージサービス(SMS)に記載されていた電話番号に連絡し、同社サポートセンターを名乗る人物から「有料サイトを閲覧した際の未納料金がある」などと言われ、現金10万円を指定された銀行口座に振り込んだ。

その後に紹介された3人を含む計4人から「サイバー保険の加入が必要」「預金口座がハッカー集団に狙われている」などと電話で言われ、10月5日までの間、現金10万〜200万円を50回以上にわたって銀行口座に振り込み、計5610万円をだまし取られた。女性は10月中旬、1人と連絡が取れなくなったことを不審に思い、警察に相談して詐欺に気づいたという。

女性は家族と同居していたが、電話で「家族には話さないで」などと言われたため、相談していなかったという。

2021/12/26 読売新聞オンライン


bouhantaisaku at 18:34|Permalink

2021年12月17日

病院関係者や息子装う特殊詐欺、長野

80代の女性が息子などを装う男に現金500万円をだまし取られ、警察が特殊詐欺事件とみて調べています。被害にあったのは松本市に住む80代の女性で、きのう自宅に病院関係者を装う男から、「息子さんががんの疑いがある」などと電話がありました。

その後、息子本人やその上司を装う男から「公衆電話に財布を忘れた」「お金を用意してほしい」などと電話があり、自宅を訪ねてきた男に現金500万円を手渡しました。

2021/12/17 SBC信越放送

bouhantaisaku at 13:22|Permalink

2021年12月01日

「過払い金で再発行必要」銀行員装いカードすり替え、窃盗の疑いで男逮捕、神奈川県警

神奈川県警暴力団対策課と港南署は30日、窃盗の疑いで、青森県八戸市、無職の男(21)を逮捕した。逮捕容疑は、氏名不詳者らと共謀して10月4日、横浜市港南区の80代の無職女性からキャッシュカード1枚を盗んだ、としている。容疑を認めているという。

署によると、女性宅に区役所職員らを名乗る男から「介護保険料の過払い金があり、受け取るためにはキャッシュカードの再発行が必要」などとうその電話があった。
その後、銀行員を装って女性宅を訪れた無職の男がカードをすり替えて盗んだという。
盗まれたカードで現金50万円が引き出されており、署は無職の男が引き出しにも関与した疑いがあるとみて調べている。

2021/12/1 神奈川新聞


bouhantaisaku at 19:45|Permalink

2021年11月28日

「還付金がある」、市職員名乗る男から電話

11月27日、北海道石狩市の女性の自宅に、「市職員」を名乗る男から還付金があるなどという電話がありました。警察は還付金詐欺未遂事件として捜査しています。

27日午後0時30分ごろに不審な電話があったのは、石狩市に住む60代の女性の自宅で、「石狩市職員」を名乗る男から「3万7000円の還付金があります。銀行のATMに着いた電話してください」などと伝えられました。女性は銀行に向かいましたが不信感が募り、到着後、銀行員に電話の内容を伝えたところ「詐欺事件の可能性が高いので、入金はやめたほうが良い」などと注意を受けました。

そこに、女性の携帯電話に女の声で「銀行につきましたか。これからATMの操作方法をお伝えします」などと電話がありましたが、女性がその後指示に従わなかったため、被害はありませんでした。

警察は、還付金詐欺未遂事件として捜査するとともに、「ATM機を操作してお金が戻ることはない。
『残高照会してください』『ATMを操作して還付金が受け取れます』というのは詐欺」として注意を呼び掛けています。
また、携帯電話で通話をしながらATMを操作している高齢者を見かけた際は、声を掛けてほしいと呼びかけています。

2021/11/28 北海道ニュースUHB


bouhantaisaku at 15:20|Permalink

2021年11月21日

交際相手の女性に「コロナに感染」とウソ、「入院治療費」152万円詐取

2021/11/21 読売新聞オンライン

山口県警防府署は20日、住所不定、無職の男(37)を詐欺容疑で逮捕した。

発表によると、男は昨年11月〜今年1月、当時交際していた防府市の30歳代女性に「新型コロナウイルスに感染した。入院治療費が必要」などとSNSでうそのメッセージを送り、女性に10回にわたって計152万円を自分の口座に振り込ませてだまし取った疑い。

容疑を認めているという。


bouhantaisaku at 13:02|Permalink

「株主優待券で利益」4億円超詐取の疑い、会社の代表取締役ら逮捕

2021/11/20 朝日新聞デジタル

「株主優待券の売買で利益が出る」とうその勧誘をして現金をだまし取ったとして、大阪府警は20日、株主優待券売買会社と称する会社(東京都渋谷区)の代表取締役(54)他元従業員の計3人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。3人の認否は明らかにしていない。

捜査2課によると、容疑者らは2019年4〜6月、証券会社が保有する株主優待券を販売する入札があり、購入して転売すれば利益が出るなどとして出資を誘い、大阪市の40代と50代男性計2人から合わせて4億3800万円をだまし取った疑いがもたれている。実際には入札は存在していなかったという。

容疑者らは男性に、利益を上乗せして出資金を返したり、入手した株主優待券を譲ったりする約束をしていたという。




bouhantaisaku at 12:54|Permalink

2021年11月18日

「医療費の還付金がある」うその電話で現金をだまし取った疑いで男ら逮捕、愛知

2021/11/18 中京テレビNEWS

「医療費の還付金がある」などとうその電話をかけ、女性(71)から約49万円をだまし取ったとして17日、男2人が逮捕されました。電子計算機使用詐欺などの疑いで逮捕されたのは、岐阜市の無職の容疑者(52)と名古屋市天白区の無職の容疑者(46)の2人です。

警察によりますと、2人は10月25日、他の者が名古屋市に住む女性(71)の自宅に電話をかけ、
区役所の職員を名乗り「医療費の還付金がある」などとうそを言い、ATMで現金約49万円を振り込ませ、その後引き出した疑いがもたれています。警察は、2人の認否を明らかにしていません。

容疑者は金を引き出す「出し子役」と「見張り役」とみられ、警察は組織的な犯行とみて、捜査しています。


bouhantaisaku at 16:46|Permalink

2021年10月26日

他人のカード情報でチケット購入し払い戻し2容疑者を逮捕

2021/10/26 毎日新聞

他人のクレジットカード情報を使って不正に購入したチケットを払い戻して現金を得たとして、埼玉、茨城、長崎の3県警の特別合同捜査本部は26日、中国籍の男性2人をそれぞれ窃盗と盗品等有償処分あっせんの容疑で逮捕したことが捜査関係者への取材で判明した。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴うイベントの中止、延期でチケットが特例的に払い戻しできたことにつけ込んだとみられる。


再逮捕されたのは茨城県のと東京都の2容疑者。容疑者の逮捕容疑は2021年1月、埼玉県内のコンビニに設置された端末で他人のクレジットカード情報を使って不正に購入した海外アーティストのコンサートチケット5枚(計3万4000円分)を発券し、盗んだとしている。

もう1人の容疑者の逮捕容疑は2月、茨城県内のコンビニで、不正に入手したプロレス観戦のチケット16枚と引き換えに現金13万6000円を受け取ったとしている。長崎県の男性が2月、カードを不正に利用された被害を警察に相談し、捜査が本格化した。2容疑者を含む中国人グループが関与したとみられる不正購入の被害は各地で発覚している。
捜査本部は、カード情報やチケット販売サイトのID・パスワードの不正取得に関与した人物がいるとみて追及する。

bouhantaisaku at 15:26|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: