2006年03月30日

大阪のクレジットカード偽造、詐欺事件

香港マフイアのメンバー50人以上が外銀系カードを偽造、貴金属店などで商品を買い集め、換金していた。使われた偽造カードは約7,000枚、被害は少なくとも21億円に上る。
アメリカ、カナダ、シンガポールなど世界各地のホテルやレストランで正規の 所有者が使った磁気情報を読み取り、順次日本へ送信する。これを偽造役が大阪と千葉県のマンションで受け、生カードにパソコンなどでデータを入力しカードを作ってゆく。
『日本には偽造カードの所持罪がない。偽造の罪も軽く、まず捕まらない。』
『捕まっても釈放され、国外退去で済む。』
容疑者の供述に捜査本部は強い危機感を感じている。実行犯は観光目的で次々に来日、1人当たり数百万円から数千万円を稼ぎ出国しているという。
日本経済新聞99/03/19


防犯

防犯のヒントと体験談、口コミ情報、ホームセキュリティ-セキュリティ情報com


防犯

防犯とホームセキュリティの導入事例、防犯カメラをご紹介-安全対策.com


セキュリティ

セキュリティ-防犯対策や災害、事故、個人情報などのセキュリティリンク集



bouhantaisaku at 20:23│ クレジット | 1999年
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: