2021年10月

2021年10月29日

窃盗疑いの男性不起訴 豊見城署が令状なく捜査 那覇地検

2021/10/29琉球新報

今年8月、豊見城署の署員が窃盗事件容疑者の男性の関係先を捜索する際、本来必要な裁判所からの令状を得ていなかった事案を巡り、那覇地検は28日までに、窃盗の疑いで逮捕された40代男性を不起訴処分(起訴猶予)とした。8月31日付。男性は8月30日に処分保留で釈放されていた。

起訴を見送った理由について、地検は「理由の詳細は被疑者のプライバシーにも関わることから、回答は差し控えたい」とコメントした。

捜査の手続きが適正だったかどうかについては「不起訴処分とした事件である上、捜査の具体的内容に関わることから、回答は差し控えたい」とした。

8月11日、那覇市内の宿泊施設でルームキー2本が盗まれる事件が発生。豊見城署員が捜索差し押さえ許可状の発付を得ずに男性の関係先を捜索した。男性はその日に窃盗容疑で逮捕された。送検後、那覇地検は男性を一度釈放し、検察官が逮捕し直していた。
関係者によると、検察側が同署の捜査手法を問題視したという。




bouhantaisaku at 13:25|Permalink 裁判 

2021年10月26日

他人のカード情報でチケット購入し払い戻し2容疑者を逮捕

2021/10/26 毎日新聞

他人のクレジットカード情報を使って不正に購入したチケットを払い戻して現金を得たとして、埼玉、茨城、長崎の3県警の特別合同捜査本部は26日、中国籍の男性2人をそれぞれ窃盗と盗品等有償処分あっせんの容疑で逮捕したことが捜査関係者への取材で判明した。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴うイベントの中止、延期でチケットが特例的に払い戻しできたことにつけ込んだとみられる。


再逮捕されたのは茨城県のと東京都の2容疑者。容疑者の逮捕容疑は2021年1月、埼玉県内のコンビニに設置された端末で他人のクレジットカード情報を使って不正に購入した海外アーティストのコンサートチケット5枚(計3万4000円分)を発券し、盗んだとしている。

もう1人の容疑者の逮捕容疑は2月、茨城県内のコンビニで、不正に入手したプロレス観戦のチケット16枚と引き換えに現金13万6000円を受け取ったとしている。長崎県の男性が2月、カードを不正に利用された被害を警察に相談し、捜査が本格化した。2容疑者を含む中国人グループが関与したとみられる不正購入の被害は各地で発覚している。
捜査本部は、カード情報やチケット販売サイトのID・パスワードの不正取得に関与した人物がいるとみて追及する。

bouhantaisaku at 15:26|Permalink 詐欺 

2021年10月20日

拾ったスマホで「PayPay」不正利用した疑いの男を逮捕

2021/10/20 朝日新聞デジタル

他人のスマートフォンで電子決済サービスを勝手に使ったとして、福岡県警は19日、福岡市のアルバイトの容疑者(22)を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕し発表した。「スマホを拾って使った」と容疑を認めているという。

サイバー犯罪対策課によると、寺田容疑者は1月9〜15日、東京都杉並区のコンビニなどで計6回、福岡県の20代男性のスマホを使い、男性のアカウントで「PayPay(ペイペイ)」に計3万5千円分をチャージした疑いがある。チャージ金額は携帯料金と一緒に男性に請求される方式だった。

県警は、男性がスマホを紛失した昨年11月から今年1月までに、計約18万円分の不正利用があったことを確認。弁当代やタクシー代に使ったとみている。

ペイペイは、クレジットカードなどの情報をアプリで登録すれば、店頭でスマホ決済できるサービス。男性は電話やネットは利用停止にしたが、ペイペイはしていなかったという。
ペイペイは、スマホをなくしたときはすぐに窓口に連絡することや、アプリ起動時にパスワードなどを設定するよう呼びかけている。


bouhantaisaku at 10:49|Permalink 詐欺 

2021年10月19日

41歳無職の男、リサイクルショップや家電量販店で盗み繰り返す

2021/10/18HBCニュース

ことし6月と7月に、窃盗の疑いで逮捕された北海道音更町の41歳の男が、リサイクルショップや家電量販店で24件の窃盗を繰り返し、被害額は400万円以上に上ることが分かりました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、音更町に住む無職の41歳の男。男は、リサイクルショップでノートパソコンなどを盗んだ疑いで、6月23日に逮捕され、さらに帯広市の家電量販店でカメラレンズを盗んだ疑いで、7月14日に再逮捕されていました。

警察によりますと、リサイクルショップの店員が、フリマサイトで盗まれた品と製品番号の一致する商品があるのを見て、警察に届け出て、その後、警察が出品元を調べて男を逮捕しました。

警察がさらに捜査を進めたところ、男は、2020年2月から2021年6月までの間に、帯広市や釧路市、北見市など6つの自治体にあるリサイクルショップや家電量販店で、逮捕された事件を合わせて24回に渡りノートパソコンやスマートフォン、腕時計などを盗んでいたことがわかったということです。
被害総額は424万円に上ります。
男は商品を服の中に隠し、ショーケースに鍵がかかっている場合は、鍵を壊して盗んだということです。
警察の調べに対し、男は「盗んだものを売って生活費を稼ぐためにやった」と容疑を認めているということです。




おすすめ、買取式本格派防犯システム

雷神ホームセキュリティ

月々の管理費用無し-雷神(らいじん)ワイヤレスホームセキュリティ
買い取り式防犯セキュリティシステム。
不審者に対して強烈な音による威嚇と携帯電話への緊急通報を行う事ができます。
住居、事務所や店舗の防犯対策にご利用いただけます。

月々の契約料や工事料不要。価格で導入出来る本格派セキュリティ防犯システムです。
日本国内の工場で設計、製作、修理が行われています。

bouhantaisaku at 18:24|Permalink 盗難事例 
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: