2023年01月06日

整骨院に侵入し45万円入りのコインケースなど窃盗、男逮捕

2023/1/5 神戸新聞NEXT

整骨院に侵入し、約45万円の入ったコインケースなどを盗んだとして、兵庫県警捜査3課と甲子園署は5日、建造物侵入と窃盗の疑いで、住所不定、無職の男(40)=同罪で起訴済み=を再逮捕した。

逮捕容疑は昨年10月8〜10日、姫路市内の整骨院に窓ガラスを破って侵入し、
経営する男性(33)のコインケースやクリアケースなど6点(現金約45万円在中)を盗んだ疑い。容疑を認めている。

男は昨年9月に西宮市内の整骨院に侵入し現金約16万円入りの財布を盗んだとして、11月に甲子園署が逮捕していた。

bouhantaisaku at 09:37|Permalink 防犯 

2022年12月20日

スーパーのセルフレジで万引き、男性警部補を懲戒処分、埼玉県

2022/12/19 テレ玉

県警の40代の男性警部補がことし10月、さいたま市内のスーパーでゼリーを万引きしたとして、窃盗の疑いで書類送検され、減給の懲戒処分を受けていたことが県警への取材でわかりました。
減給3か月の懲戒処分を受けたのは、草加警察署地域課の40代の男性警部補で、ことし10月、さいたま市内のスーパーのセルフレジで、およそ300円のゼリー1個を盗んだ窃盗の疑いで書類送検されました。
県警によりますと、男性警部補は、「万引きしたことは間違いありません」と容疑を認めていて、12月12日付で減給3か月の懲戒処分を受け、依願退職したということです。
さいたま地検は、この男性警部補を12月15日付で不起訴処分としました。さいたま地検は、不起訴の理由を明らかにしていません。


bouhantaisaku at 14:50|Permalink 防犯 

2022年12月17日

収入印紙9万円分を不正持ち出し。横浜地方法務局職員を停職9カ月。

横浜地方法務局は16日、同法務局の50代の課長級の職員に対し、停職9カ月の懲戒処分を行ったと発表した。処分は同日付。職員は同日、辞職した。
同法務局によると、職員は9月11日、同法務局内で保管していた収入印紙9万円分を不正に持ち出した。
同僚が翌日、収入印紙の不足に気付き発覚。職員は「消費者金融の返済に充てるためだった」と説明しており、9万円分は弁済した。同法務局は窃盗容疑での刑事告訴を予定しているという。

2022/12/16 カナロコ by 神奈川新聞


bouhantaisaku at 13:39|Permalink 防犯 

2022年08月22日

太陽光発電施設の銅線を盗もうとした疑いで電気工事業の男を再逮捕

東広島市の太陽光発電施設で銅線を盗もうとしたとして、22日、電気工事業の男が再逮捕されました。窃盗未遂の疑いで再逮捕されたのは、広島市の電気工事業の容疑者(37)。
容疑者は、今年5月東広島市の太陽光発電施設で、銅線を切断して盗もうとしましたが、付近の住民に見つかり未遂に終わった疑いが持たれています。

太陽光発電施設の社長から届出を受けて警察が捜査を進め、容疑者の容疑が固まったとして22日、逮捕に至りました。調べに対して容疑を認めています。

容疑者は、今年6月安芸高田市の太陽光発電施設でも、約10万円相当の銅線一式を盗んだとして、先月逮捕され今月19日付で起訴されました。警察は、他にも余罪があるとみて引き続き捜査しています。

2022/8/22 テレビ新広島



bouhantaisaku at 19:11|Permalink 盗難事例 

2022年08月19日

シャッターマン逮捕、店舗狙い窃盗、「開けるのに5分もかかりません」

店を狙った窃盗容疑で70歳の男が逮捕されました。その手口から男は捜査員に「シャッターマン」と呼ばれていました。

住所不定の無職の容疑者は今年5月、堺市の和菓子店に侵入し、レジの中から現金1万8700円を盗んだとして現行犯逮捕されました。容疑者は去年12月から今年5月にかけて、大阪府内で計11件の窃盗を繰り返したとみられています。

シャッターを開けて中のガラス戸が開いている店が狙われていたことから、捜査員の間で容疑者は「シャッターマン」と呼ばれていました。
容疑者は「シャッターを開けるのに5分もかかりません」と容疑を認めているということです。


2022/8/18 ABCニュース


bouhantaisaku at 14:27|Permalink  

2022年08月16日

給湯器71台盗んだ元設備関連勤務の男を追送検

栃木県内のアパートなどから給湯器70台以上を盗んだとして、県警鹿沼署は15日、さくら市、無職の男(32)(窃盗罪で起訴)を窃盗容疑で宇都宮区検に追送検し、捜査を終結したと発表した。確認された被害は、起訴済みを含め21件で、給湯器71台、被害総額は計約210万円に上るという。

発表によると、男は2018年3月頃から今年6月までの間、県内のアパートの外壁などに設置された給湯器を盗んだ疑い。
男は以前、設備関連の会社に勤務し、容易に取り外しができたとみられる。
男は「金がないので、給湯器が売れることを知っていたし、取り外すこともできたのでやった」と供述しているという。

2022/8/16 読売新聞オンライン

bouhantaisaku at 16:10|Permalink 住宅 

2022年06月07日

JA庄内たがわ職員 客の抵当権解除で懲戒解雇

JA庄内たがわは、男性職員が客の住宅ローンの抵当権を無断で解除するなど、書類を偽造したとして懲戒解雇にしたと発表しました。
JA庄内たがわによりますと当時、融資係長だった40代の男性職員は、2014年7月、客の男性の依頼を受けて偽造した住宅ローンの抵当権の証明書などに押印し、JAの抵当権を無断で解除したということです。抵当権は、住宅ローンが完済されなければ解除できませんが、解除した時点で客には住宅ローンの支払いが約1600万円残っていました。
客は、抵当権が解除された後に住宅を売却しましたが、現在も住宅ローンは約1300万円残っていて、支払いは続いているということです。
客の男性は、転居を理由に抵当権の解除を依頼していて、男性職員は「客に同情してやってしまった」と話しているということです。

JA庄内たがわは、この職員を5月24日付で懲戒解雇にしています。弁護士によりますと本来、窃盗の罪などに問われるということですが、公訴時効である7年を過ぎているため被害届は出さないとしています。


2022/6/7 YTS山形テレビ

bouhantaisaku at 19:33|Permalink 個人情報 

2022年03月22日

小学校の金庫から現金盗んだ疑いで臨時教諭の男逮捕

以前に勤めていた小学校に忍び込み、金庫から現金約2万8000円を盗んだとして姫路市の臨時教諭の男が逮捕されました。
窃盗の疑いで逮捕されたのは兵庫県姫路市内の小学校で臨時教諭として勤務する29歳の男。
警察によりますと男は3月10日の午後10時前、去年1月まで勤めていた姫路市内の小学校に忍び込み、職員室にある金庫の中から封筒に入った現金約2万8000円を盗んだ疑いが持たれています。
警察によりますと盗まれた現金は6年生の修学旅行費用の不足分を補填するために生徒の保護者から集めていたものだということです。

2022/3/20 サンテレビ


bouhantaisaku at 19:29|Permalink 盗難事例 
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: