録画装置

2013年02月19日

防犯カメラ用デジタルビデオレコーダー(録画蔵置)の主な機能。市販のレコーダーとの違い。

一般の映画DVDなどを見るレコーダーとの大きな違い。

1.パスワード設定機能(セキュリティロック機能付き)
パスワードを設定すると、再生時にはパスワードが必要になります。

2.カメラ毎に録画設定 
ch1〜ch4(4台の防犯カメラを録画できる機種の場合)、
それぞれフルクリーン表示、 もしくは4分割(4chを一つの画面をして録画)など、録画方法の設定。


3.画像品質、コマ数の選択と設定
high、normal、lowなど。high(高品質画像)で録画すると、ハードディスクの消費は早くなります。
1秒間で何コマ(1秒間に何枚の静止画を録画するか)記録するかの設定。
カメラの台数が多い場合もディスクの消費は早くなります。
画質の選択と、以下の6のモーション録画を使って、
ハードディスクの保ち時間(録画可能時間)を変えることができるのが、
防犯カメラ用の録画装置の一番の特徴です。

4.スケジュール管理
1日間(24時間)の範囲で、1時間単位でのスケジュール録画が可能です。

5.上書きon/off機能
ハードディスクが一杯になった場合、常に一番過去の記録映像を消去しながら 最新データの上書き記録を行うことが可能です。
offにすると、いっぱいになった時点で録画をストップします。

6.モーションセンサー録画機能
画面上で人や車などの動きを感知すると録画を開始します。
動がなくなると録画は自動停止します。

※各社商品の仕様によって異なります。

防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの使い方、機種の選び方

bouhantaisaku at 06:48|Permalink

2011年10月16日

3万円〜防犯カメラ用4チャンネルデジタルビデオレコーダーDVR-5007

4チャンネル用デジタルビデオレコーダー(DVR-5007)
4チャンネル用デジタルビデオレコーダー(DVR-5007)
1セット30000円(500GBハードディスク内蔵タイプ)
※消費税別価格-平成23年10月13日現在

最大4台の防犯カメラの画像を録画することができます。
画面4分割機能内蔵。

録画、再生に機能を絞り込んだシンプル機能の防犯カメラ用録画装置です。
USBメモリーへ録画データのバックアップが可能です。

1秒間に何コマ録画するかを任意に設定できます。
全カメラの合計60フレーム。
各チャンネル(カメラ1台)最大30フレームまで設定可能です。
※1秒間に記録する静止画の枚数。

24時間単位の予約録画可能です(スケジュール録画)
通常の連続録画とモーション録画を設定できます。


家庭用テレビで録画データを見ることも出来ます。
ご覧になりたい録画データを選んで再生できます。
録画データに録画された日時が記録されます。



4チャンネル用デジタルビデオレコーダー(DVR-5007)


bouhantaisaku at 07:52|Permalink

2010年07月26日

防犯カメラ用録画装置とは?冷却ファン付きがおすすめです。

デジタルビデオレコーダー(DVR)-パソコンと同じくハードディスクに映像を記録してゆきます。
最近の機種は、テープ方式ではなく、
ハードディスクに記録してゆくものがほとんどです。

ハードディスク方式のデジタルビデオレコーダーはビデオテープを使わないので、
面倒なテープ交換が不要、しかも長時間連続録画が可能です。
テープ方式と違い摩耗部分がないので長年使い込んでも画像が劣化しません。


一般の家庭用DVRと違い、
記録する画像のクオリティ(高画質、中画質、低画質など)
画像を保存するサイクル(1秒間に何枚画像を記録するかの設定=フレーム)
スケジュール録画 何曜日の何時〜何時まで録する、など。
を自分で設定、変更するができます。

モーション録画
画面上に動きのあった時だけ録画する方法です。
防犯カメラ用の録画装置独特の機能です。


デジタルビデオレコーダーは、パソコンと同じくハードディスクに映像を記録するので、長時間使用すると熱を発します。
デジタルビデオレコーダーには、冷却ファンがついている商品がおすすめです。


※冷却ファンのついていない商品ですぐに故障が出る商品があるようです。
※最近出てきた内蔵フラッシュメモリに記録する商品は熱を発しないので、冷却ファンはついていません。


防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの使い方、機種の選び方





bouhantaisaku at 16:13|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: