警備会社

2009年05月05日

警備会社の見積、契約をする際の注意点-防犯グッズの選び方

警備会社のセキュリティは、異常の際は基本的には警備員が対応します。

警備員の人件費や監視費用がかかるので、初期設置工事費用などの他に月々の警備料が発生します。
機器はレンタルが一般的で、長期契約(5年契約など)が普通です。

また、警備員が点検のため住居に入る事があるため、
自宅の鍵を一組、警備会社に渡すのが基本です。



警備保障会社のサービスはどこも同じように見えますが、
詳しく契約書などを見ると各社サービス内容は様々です。
警備員の待機場所やその場所に待機している警備員の人数、管轄区域、管轄区域内の契約数、実際に被害に遭った時の保障内容など、十分に説明を聞きましょう。



また、どんな商品にも当てはまる一般論ですが、 以下のような営業員は注意して対応することが必要かもしれません。

商品の知識がない、質問してもわからない、商品の現物を見たことがない。

トラブルや誤作動がおこった時にすぐに対応しない。

他社の悪口ばかり言う営業員。

今晩にも泥棒に入られそうな危機感をあおり立てる営業トークを展開する営業員。

セールスマンがしつこい。毎日営業員が日参する。

何度断っても、しばらくすると、また違う営業員を繰り返し、繰り返し、訪問させてくる会社。

昼夜を問わず、一方的にセールスの電話をかけ続けてくる会社。

とにかく、その場ですぐに仮契約書に印鑑を欲しがる営業員。

他社の話をすると、急に値引きをはじめる。

逆に、最初からとんでもない値引きの話をはじめる。(定価ってなんなの?)

注文から納品(設置)までやたらと時間がかかる会社。

契約した後は一度も姿を見せないセールスマン。


警備会社のサービス(機械警備)の機能と比較、契約する際の選ぶポイント


bouhantaisaku at 20:19|Permalink

2008年09月02日

警備業法施行細則第15条、25分以内ルール

警備業法施行細則第15条

機械警備業者は、基地局において盗難等の事故の発生に関する情報(へき地等に所在し、かつ、基地局において盗難等の事故の発生に関する情報を受信した場合に近隣に居住する管理者に連絡して事実の確認をする等必要な措置を講ずることができると公安委員会が認めた警備業務対象施設に係るものを除く。)を受信した場合に、その受信の時から25分以内(別表に定める区域内に所在する警備業務対象施設にあっては、30分以内)に当該現場に警備員を到着させることができるよう警備員、待機所及び車両その他の装備を配置しておかなければならない。

平成15年3月28日公安委員会規則第6号

警備業法施行細則


警備サービス(機械警備)の機能と比較、契約する際の選ぶポイント

防犯ホームセキュリティを購入する際の確認ポイントと比較


おすすめ防犯システム!
BBeeホームセキュリティ
アパート、マンション、一戸建て住宅の防犯、空き巣対策。BBeeホームセキュリティ、月々の管理費用の要らない買取式本格派防犯システム


警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!



bouhantaisaku at 09:02|Permalink

2007年02月17日

ホームセキュリティ、防犯グッズを購入するお店、会社の選び方

ホームセキュリティに使用する防犯センサーや防災(火災、ガス)センサーは、意外と小さなノウハウが必要になることが多いものです。鍵や防犯フイルムとは全く違う知識が必要です。長年営業している鍵屋さん、建築業者さんでも、こういった電子機器の知識が豊富な方は本当に少ないようです。大手のホームセンターや百貨店の場合も同様です。

ここ数年、副業で防犯事業に参入する業者さん(販売店)が急激に増えました。
中には小遣い稼ぎで商品を安値でネット販売しているお店もたくさんあるようです。
訪問販売や、電話セールスなど販売店やセールスマンの対応に関係するトラブルもよく聞くようになりました。



以下は実際にお聞きした声です。

● 商品の知識がない、質問してもわからない、もともとセキュリティの知識を持ち合わせていない

● トラブルや誤作動がおこった時、一切メーカー任せにされた、販売店自身は一切取り合わない

● 価格が安いが店主が商品知識を持っていない、機器や運用の相談をするとウヤムヤにされ、逃げられた

● 不具合を購入したお店に相談すると、他のお店へ行くように言われた!?(全く取り合ってくれない)

● ○○専門店、○○専門ショップと銘打っているが、本業は全く別業種だった-防犯をよく分かっていない

● 購入後、相談にのってくれない、保証書を出しても取り合ってくれない

● 営業マンが商品の実物を知らない、見たことがない(全くのカタログ訪問販売)

● 商品を理解していないため、センサーの追加や運用法の変更を相談すると、取り合ってもらえなかった、

● 機器の質問をすると、簡単に他の商品の買い換えをすすめられた

● 急に電話に出てくれなくなった、販売業者が行方不明になった

● いつの間にか廃業していた(防犯事業から撤退)

● 訪問販売でセールスマンに高額な防犯商品を強引にすすめられた

● 今にも泥棒に入られそうな感覚に襲われるような、危機感をあおり立てる強烈な営業トークに遭った

● お店にすすめられて商品を買ったけど、要望に全然合っていなかった、要らない機器がたくさん入っていた、
  (購入した基本セット内にセンサーの数が全然足りない、追加購入するとさらに数十万円かかる)

● 鍵屋さんからすすめられて電子ロックを検討していたが、消防署の人から注意を受けた(大型施設)

● 防犯商品のフランチャイズ本部が夜逃げをしてしまった、店舗も急に営業を停止してしまった

● 急に販売を停止してしまった、買った商品について取り合ってくれなくなった

● 購入したお店に機器の相談をすると、店主が急に商品の悪口を言い始めた(?)買い換えをすすめられた

● いきなり高額な商品をクレジット分割払いですすめられた

● 修理のため、購入したお店に保証書を持って行くと面倒くさがられて取り合ってもらえなかった

● セールスマンに購入をすすめられたが、リフォームなどの点検商法でトラブルの多い会社だった

● 営業マンにリース(クレジット)での導入をすすめられたが、商品の内容の割にはたいへん高額だった

などの対応に伴うトラブルもたくさんお聞きするようになりました。

また、セキュリティという商品の性格上、アウトレットと称して中古品を安易に安値でネット販売しているお店にも疑問に感じます。前の持ち主に鍵やカード、リモコン、ID残っていたら?家の鍵と同じく複数持っているのが普通です。
たくさんの人や、複数の建物で使い回されている事もあるかもしれません。安易に導入しますと、他人に悪用される可能性もありますので危険です。


これでは防犯やセキュリティの事自体を理解していないお店と思われても仕方がありません。
これでは、メーカーさんが折角優れた工夫を凝らしたシステムを開発しても、本来の性能すら発揮できません。



また、セールスマンに関する一般論ですが、
●強烈に不安感をあおり立てる営業トークを口にするセールスマン

●すぐに印鑑、申込書を欲しがるセールスマン
締め日、月末、キャンペーン、などをよく口にする。

●とにかくしつこいセールスマン、何回断っても訪問、電話をしてくる

●他社の悪口を言うセールスマン

●断ると一転、すぐに多額の値引きを口にするセールスマン

●断っても断っても、次々と違うセールスマンを訪問営業させる会社

●注文から納品(設置)まで、やたらと時間がかかる会社

●買った後は一度も姿を見せないセールスマン、会社
などは注意したほうがいいかもしれません。

これらは警備会社のセールスマンにも当てはまることです。

ホームセキュリティは、大切な財産や人の命に直接かかわってくる商品です。
価格だけでなく、販売実績の豊富なセキュリティ専門のお店でご相談をされることを強くおすすめいたします。




セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。 <br>
セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。


bouhantaisaku at 08:19|Permalink

2006年06月13日

大手警備会社のホームセキュリティってどうでしょうか?

はじめまして。
先日、空巣に入られ、現在ホームセキュリテイを検討中です。新興住宅地の一軒家のためまだまわりに家がまばらで、またいつ入られるかと心配です。共働きで、昼間留守がちです。やはり大手セコム、alsok(アルソック)が安心でしょうか?
それとも他に有効な手段があればアドバイスください。

○○○

ホームセキュリティー=警備会社、だけというのは短絡過ぎると思います。
確かに業界1位の会社ですが、問題が無いわけでもありません。
日本全国には1000社を超えるホームセキュリティーの会社が
有りますので、色々見積りをお取りになることをお勧めします。
タウンページやネット検索の「機械警備・ホームセキュリティー」で検索されてはいかがでしょうか。

ちなみに自身で経営している事務所は警備会社に警備をお願いしていますが、やはり問題が無いわけではありません。

業界大手だけあって契約件数も莫大な為、かなり忙しそう。
そのため時間どおりに来なかったり、後回しにされたりします。


○○○

出動型の警備保障は、どんなに深夜やはなれたところにいても、警備員が代行で駆けつけてくれて、現状を確認してくれる便利なシステムです。
ただし、駆けつけることによって早期に警察に手配ができ早期の手配網を引くことができる反面、加入してるにもかかわらず盗難被害にあうということも起きうることは知っておかなければいけません。それはどんな大手であっても同じです。

警備に入る時には、それ以前の問題として、侵入が安易にできるような開口部を補強しておかなければ片手落ちということになりますので、注意が必要です。駆けつけるより先に犯人が物色を終えて逃走するケースです。決して、侵入者をすべて逮捕してくれるシステムではありません。

○○○

もし、契約するなら大手がいいと思いますよ。
ご家庭の安全と安心を買うわけですから、少し高いかも知れませんが信用できる会社が一番いい。

,匹里茲Δ並弍をしてくれるのか?(もしもを想定して・・旅行中に侵入者があったとき、夜寝ている時に侵入者があったとき、子供だけの時押し売りがきたとき、火事のとき、その他どんなことをしてくれるのかなど)。
異常が合った時駆けつけてくれる時間は、どこから駆けつけてくれるのか(警備会社の車は民間車なので渋滞があると遅くなる。)
4紐蹐垢觧務所に待機する社員は何人いるのか?(24時間365日警備するには管轄する事務所に一日最低でも3人以上必要、緊急連絡先に通報だけ、アルバイトや他社の警備会社に委託するところもあるみたい。)
い發靴眸鏗欧砲△辰燭箸補償はあるのか?
イ匹鵑糞ヽがつくのか、工事はきれいにやってくれるのか?
など。


○○○

25分以内にやってきて証拠の保存をするのが警備保障の仕事です。
それ以上でもそれ以下でもありません。
あくまで警備保障法に基づくものです。
現在、警察庁は5分間泥棒の破壊に持ちこたえられる商品の
開発を強く薦めていますが、現実に過去流通した商品はことごとく
対応できないものです。
勘違いをしていらっしゃる方が多すぎるのが現状だと思います。


○○○

「ご確認ください」さんのおっしゃるように、警備会社への過剰な期待は禁物だと思います。もっとも日本の警備料(リース料等除く)は大体大手だと月4500円くらいですが、
セキュリティーの本場USAだと月2000円弱くらいらしいですよ。機器の価格だって10万くらいで日本の50〜60万する機器と同等のもの売ってますから、何か日本っておかしいぞって気がするのは私だけですか?



-自主機械警備システム(買取式)のホームセキュリティを購入する際の注意点-
ホームセキュリティに使用する防犯センサーや防災(火災、ガス)センサーは、実際に設置する際には、意外とノウハウが必要になることが多いものです。

最近、副業で防犯事業に参入する業者さんが増えています。
中には、小遣い稼ぎ感覚で防犯商品をネット販売している会社も多々あるようです。

トラブルや誤作動がおこった際は、自身は関わらず、一切メーカー任せにする、
○○○専門店と銘打っているが実は別に本業がある(副業)、
販売担当者がシステムのことがよく理解していないため、後日、センサーの追加や運用法の変更を相談すると、取り合ってくれない、簡単に買い換えをすすめる、などの、対応に伴うトラブルもよくお聞きするようになりました。
これでは、メーカーさんが折角優れたシステムを製作しても、本来の性能すら発揮できません。

ホームセキュリティは、大切な財産や人の命に直接かかわってくる商品です。
価格だけでなく、販売実績の豊富なセキュリティ専門のお店でご相談をされることを強くおすすめいたします。


-警備保障会社のホームセキュリティを購入する際の注意点-
ホームセキュリティは警備会社各社ごとに、サービス内容や保障内容、設置する機器は異なります。長期契約がほとんどですので、見積もりの際には契約内容をしっかり確認しましょう。

警備員が駆けつける警備保障会社のホームセキュリティは月々の管理コストがかかります。契約の際は、警備員の待機場所やその場所に待機している警備員の人数、担当の管轄区域、管轄区域内の契約数、予算、被害にあった際の保障内容など十分に比較、検討してから契約しましょう。


セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較
セコム、alsokなど警備会社のサービスと、買取式の事業所用セキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。警備料金の経費削減、コスト削減に。


セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。 <br>
セコム、alsokなど警備会社のホームセキュリティと、買取式ホームセキュリティシステムと比較。機能と費用の違い。


bouhantaisaku at 10:09|Permalink

2006年05月07日

泥棒に入られると、すぐに警備会社の営業が来る?

最近、近所の噂で侵入未遂(ガラス破壊)があった翌日くらいには必ず制服きた警備会社が営業に来るそうだ!まだ誰も知らないはずなのに・・・
どうして?警察にも言ってないのに??
これってどういうこと?あくまで噂ですけど。
こんな噂あるとことか真実知ってる人いますか?
(?????)

おすすめ買取式充実防犯システム!
BBeeホームセキュリティ
一戸建て住宅、マンション、アパートの防犯、空き巣対策。BBeeホームセキュリティ、月々の管理費用の要らない本格派防犯システム


警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!



bouhantaisaku at 08:11|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: