監視カメラ

2013年02月27日

メモリーカード記録型の小型防犯カメラ、監視カメラ

ハードディスクやテープではなく、
メモリーカードへ直接画像データを記録保存していくタイプです。

録画可能枚数はメモリーの容量や撮影される映像の種類により変わります。
再生は一般家庭のテレビにケーブルで接続して行います。

大がかりなシステムが必要なく、低コストで証拠撮りに利用できる
低コストで導入できる商品が多くなっております。


8GBメモリ内蔵簡易自動録画装置(屋内用)
カメラと録画ユニットが一体。簡単に撮影録画できます。
小型で目立ちません。
手動録画、もしくは画面上に動きがあった時だけ録画するモーション録画機能があります。
留守中の家の中の監視、人の立ち入らない場所の監視に最適です。
短時間の録画に適しています。


防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの使い方、機種の選び方


bouhantaisaku at 13:56|Permalink

2013年02月19日

防犯カメラ用デジタルビデオレコーダー(録画蔵置)の主な機能。市販のレコーダーとの違い。

一般の映画DVDなどを見るレコーダーとの大きな違い。

1.パスワード設定機能(セキュリティロック機能付き)
パスワードを設定すると、再生時にはパスワードが必要になります。

2.カメラ毎に録画設定 
ch1〜ch4(4台の防犯カメラを録画できる機種の場合)、
それぞれフルクリーン表示、 もしくは4分割(4chを一つの画面をして録画)など、録画方法の設定。


3.画像品質、コマ数の選択と設定
high、normal、lowなど。high(高品質画像)で録画すると、ハードディスクの消費は早くなります。
1秒間で何コマ(1秒間に何枚の静止画を録画するか)記録するかの設定。
カメラの台数が多い場合もディスクの消費は早くなります。
画質の選択と、以下の6のモーション録画を使って、
ハードディスクの保ち時間(録画可能時間)を変えることができるのが、
防犯カメラ用の録画装置の一番の特徴です。

4.スケジュール管理
1日間(24時間)の範囲で、1時間単位でのスケジュール録画が可能です。

5.上書きon/off機能
ハードディスクが一杯になった場合、常に一番過去の記録映像を消去しながら 最新データの上書き記録を行うことが可能です。
offにすると、いっぱいになった時点で録画をストップします。

6.モーションセンサー録画機能
画面上で人や車などの動きを感知すると録画を開始します。
動がなくなると録画は自動停止します。

※各社商品の仕様によって異なります。

防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの使い方、機種の選び方

bouhantaisaku at 06:48|Permalink

2013年02月12日

防犯カメラ用HDD式デジタルビデオレコーダー(DVR)の録画可能時間は?

一般の家庭用DVRと違い、
記録する画像のクオリティ(高画質、中画質、低画質など)
画像を保存するサイクル(1秒間に何枚画像を記録するかの設定=フレーム)
を自分で設定変更するができます。
それによって画像の保存可能時間が変わってきます。

1.録画画質のクオリティ
2.1秒間に録画するコマ数
3.録画するカメラの台数
4.記録媒体容量(ハードディスクの容量)
でデータ保存可能時間が決まります。

防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの使い方、機種の選び方


bouhantaisaku at 11:58|Permalink

2013年02月09日

防犯カメラ用録画装置のモーション録画機能

防犯カメラで写しだしている画面上に、人や車、自転車など動きのあった時だけ自動的に録画する方法です。防犯カメラ録画装置の特徴敵機能です。

画面の動きがあったときだけ録画スタート、動きがなくなると録画を停止しますので、ハードディスク容量の消費を少なくすることができ長期間の録画の保存が可能になります。

画面に動きがなくなると、その後何秒後に録画を停止するかを調節する機能を持った商品もあります。

防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの使い方、機種の選び方





bouhantaisaku at 19:20|Permalink

2013年02月08日

無線式防犯カメラ

ケーブルで伝送するカメラの映像信号を、無線で受信機に送信するタイプの監視カメラ。ケーブルが不要なため、配線工事の手間が省け、設置が格段に容易になります。

ただし電波が到達できる環境が必要で、障害物などによって設置できる場所に制限がでてきます。
また、カメラの画像が第三者にも閲覧されてしまう可能性が高いので
カメラの設置場所には十分ご注意が必要です。

防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの使い方、機種の選び方



bouhantaisaku at 21:51|Permalink

2013年02月07日

暗視カメラとは?

日中だけでなく夜間の暗い時も撮影することができる防犯カメラです。
画像蓄積機能を使った商品や赤外線投光器を搭載した商品がありますが、
赤外線投光器を使って明るく映し出す商品が一般的と思われます。

街灯が少なく暗い場所、会社や店舗の通用口、駐車場、作業場、工事現場などの防犯、商品の盗難防止、証拠取り対策に。

夜間の撮影例
夜間の撮影例。


夜間の撮影例
赤外線照射器が追加カメラのレンズ部分。
レンズの周囲の小さなLEDのようなものが赤外線照射器。

防犯カメラとは?録画装置デジタルビデオレコーダーの使い方、機種の選び方


bouhantaisaku at 15:55|Permalink

2011年10月16日

3万円〜防犯カメラ用4チャンネルデジタルビデオレコーダーDVR-5007

4チャンネル用デジタルビデオレコーダー(DVR-5007)
4チャンネル用デジタルビデオレコーダー(DVR-5007)
1セット30000円(500GBハードディスク内蔵タイプ)
※消費税別価格-平成23年10月13日現在

最大4台の防犯カメラの画像を録画することができます。
画面4分割機能内蔵。

録画、再生に機能を絞り込んだシンプル機能の防犯カメラ用録画装置です。
USBメモリーへ録画データのバックアップが可能です。

1秒間に何コマ録画するかを任意に設定できます。
全カメラの合計60フレーム。
各チャンネル(カメラ1台)最大30フレームまで設定可能です。
※1秒間に記録する静止画の枚数。

24時間単位の予約録画可能です(スケジュール録画)
通常の連続録画とモーション録画を設定できます。


家庭用テレビで録画データを見ることも出来ます。
ご覧になりたい録画データを選んで再生できます。
録画データに録画された日時が記録されます。



4チャンネル用デジタルビデオレコーダー(DVR-5007)


bouhantaisaku at 07:52|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: