手口

2018年05月03日

医師宅狙い空き巣繰り返す56歳男逮捕

医者の家を狙って、空き巣を繰り返していた56歳の男が逮捕された。

逮捕された容疑者(56)は2018年2月、東京世田谷区の医師の家に侵入し、現金や商品券など100万円相当を盗んだ窃盗の疑いが持たれている。
医師の娘が帰宅した際、勝手口のガラス窓が割られていたため、確認したところ、家の中が荒らされていたことがわかり、警察に届け出た。

容疑者は、調べに対し、「身に覚えがない」と容疑を否認しているが、過去にも医者の家を狙って空き巣を繰り返した疑いで逮捕されていた。
警視庁は、今回も医師の家を狙った犯行とみて調べている。

ホウドウキョク2018/4/16

bouhantaisaku at 12:39|Permalink

2018年04月15日

被害総額2120万円、空き巣繰り返した容疑で男逮捕 住宅2階の無施錠の窓から侵入

空き巣を繰り返していたとして、埼玉県の草加署は10日までに、窃盗などの疑いで、住所不定、無職の男(37)=住居侵入と窃盗罪で公判中=を逮捕、越谷区検に追送検した。同署は1都1府1県で計36件、被害総額約2120万円相当を確認し捜査を終えた。

同署によると、昨年10月3日、草加市内の住宅に侵入した男を隣家の住人が発見し110番。署員が駆け付け、住居侵入の疑いで現行犯逮捕した。現金11万円と指輪など(時価合計52万円相当)を盗んでいたとされる。

その後の捜査で、男は昨年7月から、県内と東京、大阪で計36件の窃盗事件を繰り返していたことが分かったという。

住宅2階の鍵の掛かっていない窓から侵入し、現金やバッグ、貴金属などを盗んでいた。男は「生活費や遊興費に使った」と容疑を認めているという。

2018/4/10埼玉新聞

bouhantaisaku at 19:53|Permalink

2018年04月10日

侵入方法は「ユーチューブで見た」 京都、大阪、滋賀の3府県で窃盗72件、男を送検

盗んだバイクで京都や大阪など3府県で飲食店や事務所荒らしを繰り返したとして、京都府警は9日、窃盗や建造物侵入などの疑いで京都市伏見区のアルバイトの男(28)=窃盗罪で公判中=を書類送検し、捜査を終結したと発表した。72件(被害総額約870万円)の犯行を裏付け、うち1件で起訴された。容疑を認めており、盗んだ金は遊興費や生活費にあてていたとみられる。

男は京都市東山区内で盗んだバイクで犯行に及んでいた。いずれも深夜から未明にかけてバールで窓を割って侵入。「動画投稿サイトのユーチューブなどで(侵入の方法を)見た」などと供述しているという。

書類送検容疑は平成27年12月〜29年12月、京都市北区の青果店から売上金約67万円を盗むなど、同市内や大阪、滋賀で窃盗を繰り返したとしている。

20184/9産経新聞


bouhantaisaku at 08:57|Permalink

2018年03月08日

ストリートビューで高級住宅狙う 空き巣繰り返した4人を逮捕

高級住宅を狙って空き巣を繰り返したとして、大阪府警捜査3課は26日、窃盗などの疑いで、同府寝屋川市の無職の被告(24)=窃盗罪などで公判中=ら4人を逮捕、送検したと発表した。捜査3課によると、街の画像をインターネット上で閲覧できるグーグルの「ストリートビュー」を使い、門の大きさや植木の手入れ状況を確認し、侵入先を選んでいた。

昨年夏ごろから大阪、滋賀、奈良、兵庫などで30〜40件の空き巣を繰り返したと自供しており、被害総額は2千万円を超えるとみられる。

送検容疑は昨年10月、滋賀県草津市の民家に侵入し、現金千円と指輪など23点(約76万円相当)を盗んだなどとしている。現場近くの防犯カメラに犯行に使ったレンタカーが写っており、発覚した。

2018/2/26産経新聞

bouhantaisaku at 10:38|Permalink

2018年02月11日

13県で空き巣101件。公判中の男、電車で各地巡り犯行繰り返す。

千葉県警捜査3課は23日、昨年5〜10月に県内外で広域にわたり空き巣を繰り返していた男が関与した住居侵入・窃盗事件101件(被害総額約485万円)を解決したと発表した。被害は関東や東北、中部地方の13県に及び、静岡、長野両県警と合同捜査していた。

男は、流山市内の民家に侵入し現金約3万円を盗んだとして、住居侵入と窃盗の罪に問われ地裁松戸支部で公判中の被告(56)。昨年10月下旬に逮捕され、その後の捜査で千葉や松戸など県内で30件の犯行が判明。うち1件を追送検し、余罪は99件に上った。

同課によると、被告は電車で各地を巡りながら日中の時間帯に一戸建て住宅に侵入し、主に現金を狙い犯行を繰り返していた。

2018/1/24千葉日報

bouhantaisaku at 08:39|Permalink

葬儀で留守の家から香典盗む 容疑で男を逮捕

葬儀で留守中の民家に侵入して香典などを盗んだとして、警視庁捜査3課は住居侵入と窃盗容疑で、住所不定無職の容疑者(40)を逮捕した。「生活費が欲しくてやった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は1月5日、東京都台東区の男性宅に侵入し、香典など現金約350万円と、指輪や商品券など25点(時価計約13万4000円相当)を盗んだとしている。

捜査3課によると、都内では昨年5月末以降、通夜や告別式のため留守中の家で、香典などが盗まれる空き巣被害が16件(被害総額約2100万円相当)発生しており、同課が関連を調べている。16件はいずれも、町内会の掲示板に通夜や告別式の日時などが掲載されていたという。

2018/2/5産経新聞

bouhantaisaku at 08:37|Permalink

2013年06月17日

耳かき1本でドア解錠。空き巣重ね数千万相当盗んだ疑い。

金属製の耳かき1本で、玄関ドアを解錠の手口で空き巣を重ねていた男2人を埼玉県警が逮捕した。

築15年以上の集合住宅で普及していた錠前の一部が老朽化し、目をつけられたという。


2人は昨年10月までの約3年間で埼玉や神奈川など1都5県の集合住宅計207カ所に侵入し現金約2200万円と金品(時価約6200万円)を盗んだ疑い。


狙われたのはピンタンブラー錠。正しいかぎ以外で鍵穴部分が回らぬよう内部にバネで押し出されたピンがあるタイプ。


朝日新聞2013年6月15日

bouhantaisaku at 16:44|Permalink

2010年07月19日

余罪350件以上のマンション狙いの空き巣犯人があかした、泥棒の手口

昨年4月、千葉県市川市のマンションで余罪350件以上と思われる連続空き巣犯が逮捕された。男は特殊開錠用具所持の現行犯で逮捕された。


男は主に、マンション高層階のベランダを乗り移り、窓ガラスを工具で破る手口で空き巣を繰り返していた。逮捕後、自供した内容から、驚異的な空き巣の手口がわかってきました。


空き巣を行う前の準備

1.作業着で仕事をする
男は作業着を着て、メジャーを片手に犯行に臨んでいた。マンションは改修や配管などの作業が頻繁に行われるため、歩き回っていても疑われることはまずない。
その際、現場監督者を装い作業服をきれいにしておくのがコツ。
逮捕まで職務質問を受けたことはなかった。


2.チャイムを押して狙った部屋の不在を確認
忍び込む家を物色する前は、チャイムを押して住人が不在の家を探す。
応答があっても、間違えました、と言えば済む。
チャイムは指紋が付かないようゲンコツで押す。


3.手を付けるのは現金や商品券のみ
換金目的で物品を盗むと販売先から自分にたどり着く恐れがある。
高級腕時計や貴金属がすぐ手の先に置いてあっても手を付けずない。


4.物色後は室内を片づける
みに入ったことを住人に気付かせなければ、それだけ通報を遅らせることができるため、荒らした室内は元どおりに復元する。


5.裏通りを使って逃げる
裏通りはパトカーでも自転車でも警察官があまり通らない。
逃走は裏通りを徹底する。どうしてもバス通りを通らざるをえない場合は、
何でもいいからバスに飛び乗る。バスを呼び止める警察官はいない。


6.見つかりそうなときは1時間じっと隠れる
警察官は現場周辺の緊急配備が始まってから、1時間ほど経過するといなくなる。
そのため、すぐに逃げ切れなかったら現場付近で隠れる。
警察官は他人の家の庭にまでは入ってこないため、民家の庭は隠れ先として優れていた。


7.逃げる途中で警察官に会ったら先にあいさつ
警察官に会ったら「ご苦労さまです」と先に声をかければ怪しまれる確率が減る。
ちなみに現場に向かう途中の警察官は急行することに気を取られ、
すれ違う相手に職務質問をしない。

7月17日 産経新聞

おすすめ防犯システム!
BBeeホームセキュリティ
アパート、マンション、一戸建て住宅の防犯、空き巣対策。ベランダのガラス破りによる侵入対策にも。BBeeホームセキュリティ、月々の管理費用の要らない買取式本格派防犯システム


警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!




bouhantaisaku at 11:52|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

事務所荒らし、店舗荒らしの窃盗被害にあった時の対処法とチエックポイント。
事務所荒らし、店舗荒らしの窃盗被害にあった時の対処法とチエックポイント。 印鑑、預金通帳、カード、小切手、手形など紛失物の手続き。

メール通報機能内蔵充電バッテリ式ワイヤレス機械警備システム
メール通報機能内蔵充電バッテリ式ワイヤレス機械警備システム。
赤外線センサーや横揺れセンサーを使って屋外の商品などを防犯監視します。 バッテリ駆動式ですので持ち運びが可能。移動式機械警備システムです。
コンセントや電話回線の無い場所−工事現場、建築現場、新築現場、資材置き場、農場や牧場、資材置き場や倉庫などの遠隔防犯監視にご利用いただけます。

メール通報機能付きソーラー電源ワイヤレス機械警備システム
メール通報機能付きソーラー電源ワイヤレス機械警備システム。
警報機本体の電源は太陽電池を使用します。電源の無い資材置き場、倉庫、山の中の物件、 駐車場などの防犯、防災監視に最適です。 防犯センサーの感知をショートメールを使って自動通報します。

メールを使った自動通報装置、担当者の自動呼び出しシステム
メールを使った自動通報装置、担当者の自動呼び出しシステム。
メールを使って携帯電話、スマートホンに緊急連絡をする自動通報装置です。

畑、果樹園、農作物の防犯

神社仏閣の防犯

医院、病院の防犯

工場、研究所、倉庫の防犯

ガソリンスタンドの防犯

学校、幼稚園の防犯

宝石店、貴金属店の防犯

金融機関の防犯

コンビニエンスストアの防犯

カーディーラー、自動車販売店の防犯

書店の防犯

スーパー、量販店の防犯

薬局の防犯

リース会社の防犯

老人ホーム、介護施設の防犯

スポーツ施設の防犯

ファーストフード、飲食店の防犯

屋外施設の防犯

駐車場や駐輪場、公園の防犯

自動販売機,両替機,精算機の盗難

ホームセキュリティ

電線泥棒、資材置き場、金属泥棒、銅線泥棒

建築現場、新築現場での盗難防止、防犯対策

セキュリティシステムの質問
セキュリティシステムの
ご相談はこちら