万引き

2012年11月16日

犯罪白書-65歳以上の犯罪者 検挙の16%で過去最悪

法務省は16日、12年版の犯罪白書を公表した。昨年の高齢(65歳以上)犯罪者の検挙人数は4万8637人に上り、全年齢層に占める割合が統計を取り始めた86年以降で過去最悪の約16%に上った。罪名別では、暴行事件が顕著な増加傾向を示しており、高齢者犯罪の深刻な実態が浮かんだ。

白書によると、昨年の高齢犯罪者の検挙人数は92年からの20年間で約6倍に増加。他の年齢層が06年ごろから減少もしくは横ばい状態になっているのに対し、唯一増加傾向にある。全年齢層に占める割合も、20年間で約5倍にふくらんでいる。

昨年の高齢者の検挙人数のうち約6割は万引きで、万引き以外も含めた窃盗は約7割を占めた。20年間で暴行が約50倍、傷害が約9倍、窃盗が約7倍に増えた。

一方で、昨年1年間に刑務所に入所した高齢者数は2028人。入所者全体に占める割合(高齢者率)は8%で統計を始めた91年以降で最高だった。

また、高齢入所者のうち、2度目以上の入所者は1416人(全体の約7割)。6度目以上の入所者も787人(同約4割)に上り、高齢者の抜本的な再犯防止対策を進める必要性を改めて浮き彫りにした。

白書はまた、昨年の高齢受刑者の仮釈放率(31.3%)が、受刑者全体(51.2%)より大幅に低いことを指摘。仮釈放は出所後の生活環境も含めて判断されるため、「釈放後の帰住先が確保できない人が多いことが考えられる」とし、身寄りのない高齢者の増加が、仮釈放を妨げている現状を明らかにした。

毎日新聞 2012年11月16日

bouhantaisaku at 20:51|Permalink

2010年04月20日

万引きの瞬間

bouhantaisaku at 21:26|Permalink

2008年09月02日

ショーケース、陳列ケースの開閉防犯監視システム

目の届きにくいショーケース、陳列ケースの防犯監視に。



開閉センサーを設置したショーケースの扉が開けられると 警報受信盤が100dbの警報音を作動させてお報せます。


ショーケースのガラス面の無線式の開閉センサーを両面テープで貼り付けます。
ガラスを挟んで、センサー本体と磁石が向き合う形となります。
裏側の黒い棒状のものは磁石です。

磁石とセンサーが離れる状態(ショーケースが開けられた状態)になると警報音が受信機で作動します。



高額商品、貴金属、ブランド品の万引き対策に。

目の届きにくいショーケース、陳列ケースの防犯監視に!
高額商品、貴金属、ブランド品の万引き対策。



ショーケース、陳列ケースの開閉防犯監視システム

bouhantaisaku at 16:55|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: