詐欺

2019年09月17日

千葉県内、台風15号便乗の不審電話相次ぐ 自治体が「詐欺の可能性」と注意呼びかけ

台風15号の影響で甚大な被害を受けた千葉県内で、自治体の職員をかたった不審電話や、屋根を無料で修理するなどと説明する事業者の事例が相次いでいる。
自治体では、詐欺の可能性があるとして、注意を呼びかけている。

佐倉市が運用する、市防災情報の公式ツイッターアカウントは2019年9月15日、ツイートを更新。それによると、市役所の職員をかたり、「義援金を受け取りに行く」という内容の詐欺とみられる電話が相次いでいるという。アカウントは、「佐倉市では、個別に義援金を募る連絡をすることはありません」と注意を呼びかけている。

市原市では12日、市役所職員と称し、「台風で被害を受けた屋根の点検に伺います」などと不審電話がかかってきているという。市の公式ツイッターアカウントは「市原市役所では、台風の建築物点検等の電話連絡は行っていません。このような不審電話は詐欺の可能性があります。ご家族、市役所、警察に相談してください」と注意を促している。

袖ケ浦市でも12日、ツイッターを通じて、訪問による屋根の会社に注意を呼びかけた。「市からの要請で屋根の修理を無料で行っている」などと説明し、修理しようとする事業者の事例が報告されているという。市の公式ツイッターアカウントは、「市が特定の事業者に個人宅の屋根の修理を依頼・要請することはありませんので、ご注意ください」としている。

2019/9/16 J-CASTニュース

bouhantaisaku at 09:32|Permalink

2019年09月03日

特殊詐欺の「出し子」か、窃盗容疑で会社員の男逮捕 徳島中央署

徳島県警捜査2課と徳島中央署は2日、窃盗の疑いで、京都市右京区の会社員の男(32)を逮捕した。
逮捕容疑は、6月27日午後6時ごろ、徳島市内のショッピングセンターの現金自動預払機(ATM)で、市内の70代女性名義の通帳を使い、現金3万2千円を引き出したとしている。

署などによると、この日、女性宅に市職員や郵便局職員を名乗る複数の男から電話があり、「還付金がある」などと説明。女性は自宅を訪れた男に通帳とキャッシュカードを渡し、暗証番号を教えていた。県警は男が詐欺グループの「出し子」とみて余罪や共犯者を追及する。


2019/9/3徳島新聞

bouhantaisaku at 18:51|Permalink

2019年05月31日

日本人15人逮捕、タイの特殊詐欺「片棒」とかたられ60歳女性がカード盗被害

神戸市の女性(60)が30日、「警察官や金融庁職員をかたる男にキャッシュカードを盗まれた」と兵庫県警生田署に届け出た。タイで特殊詐欺に関与したとみられる日本人15人が逮捕された事件に関し、女性は「詐欺の片棒を担いでいる」と言われ、キャッシュカードを渡したという。同署は窃盗事件として調べる。

同署によると29日、女性宅に警察官や金融庁職員を名乗る男から「押収したリストに父親の名前があり、あなたの口座に入金されている。詐欺の片棒を担いだ」などと電話があった。
その後訪れた男が女性にカード4枚を封筒に入れるよう指示。女性が家の中に戻った隙に封筒をすり替えたという。
その後、不審に思った女性が封筒を開けると、別のカードが入っており、口座から引き出された形跡もあるという。

2019/5/30 神戸新聞NEXT



bouhantaisaku at 13:45|Permalink

2018年04月23日

10万円金貨、盗んで換金?日銀元職員の男

日本銀行本店から記念金貨が盗まれた事件で、警視庁は20日、日銀発券局日本橋発券課元職員の男(54)を窃盗容疑で逮捕した。

発表によると、男は4月2日、勤務先の東京都中央区の日銀本店で、保管されていた昭和天皇の在位60年記念の10万円金貨2枚を盗んだ疑い。金貨が偽造ではないか確認する作業中に抜き取ったとみられる。金貨は、近くの金融機関で換金していたという。

男は調べに対して容疑を認め、「ほかにも盗んだ」と供述。日銀の監査では金貨計16枚(155万円相当)が盗まれたことが判明しており、警視庁は余罪を調べている。
日銀は20日、男を懲戒免職処分とした。

2018/4/20読売新聞

bouhantaisaku at 09:09|Permalink

2009年09月28日

ゆうパックの代金引換詐欺

こんにちは。
郵便屋さんの「こうちゃん」です。

以前掲示板にも書き込みいたしましたが最近また「代金引換郵便」の詐欺が横行しているようです。郵便局や宅配業者になりすまして代金を取るケースです。(必ず服装、胸彰を確認してください。また「送りつけ商法」もあります。こちらは厄介です。中身がなんだかわからないものを私達郵便局員が代金徴収するわけですからね。実例として「ボールペン1本」で代金3000円とかありました。
本人ならば確認できるのですが、家族の人が払ってしまうのです。
 被害にあわないようにするためには、必ずその取引が正しいか確認してください。(金額、会社名など・・)中身は私達でも開ける音はできません。また基本的に代金を返却できません。

私達も本人以外から代金を徴収しないとのお達しがでていますが、なぜか被害が絶えません。
フリマでのトラブルもありました。(中身が違うと言って郵便局に怒鳴り込んできたそうで窓口混乱状態だったそうです)悲々・・
「そんなこと言われても・・・」

///
とにかく郵便屋さん、宅配さんで「代金引換」は
一度疑ってみてください。
「あなたは誰?誰からの?誰宛の?料金は?」
どうかよろしくおねがいします。
///

文書めちゃめちゃでごめんなさい。


一戸建て住宅の防犯対策と体験談、グッズの紹介



防犯


防犯のヒントと体験談、口コミ情報、ホームセキュリティ-セキュリティ情報com


防犯


防犯とホームセキュリティの導入事例、防犯カメラをご紹介-安全対策.com


セキュリティ-防犯対策や災害、事故、個人情報などのセキュリティリンク集




bouhantaisaku at 21:14|Permalink

2009年08月11日

製造元と間違うようなホームページを立ち上げているインターネットショップ-防犯グッズの選び方

メーカー(製造元)や商品ブランドと混同するような紛らわしいホームページアドレスで、ネット販売を行っている会社を見かけます。
中には、製造元の許可を受けていない会社もあるようです。

http://www.○○○(メーカー名、製造元)-○○(ショップ名、会社名).com(net,jp,biz,infoなど)

http://www.○○○(商品名)-○○(ショップ名、会社名).com(net,jp,biz,infoなど)

メーカーと資本関係があるように、もしくはメーカー直販店舗のように見せかけている。
または、検索エンジン対策(上位表示SEO対策)と思われますが、トラブルの原因になる可能性があるのは否定できません。
購入を検討する際は注意が必要です。



ドメインネームと商標の関係について



「SONYBANK.CO.JP」をソニーに移転〜仲裁センターがドメイン紛争で裁定


bouhantaisaku at 11:54|Permalink

2009年05月11日

国際郵便為替に関するお知らせ

インターネット上の取引の代金決済には要注意!
 −為替証書の偽造について、郵貯のホームページから抜粋−
 2006/3
 http://www.yu-cho.japanpost.jp/n0000000/nj000700.htm


 国際為替証書の偽造に関連した、
 郵貯のホームページから抜粋してみました。
 海外とのインターネット取引には、
 さらに十分な注意が必要のようです。
 
 (事例)

 1.インターネットで知り合った者から、
 「手数料を払うから為替を現金化してほしい」
 といって国際郵便為替証書が送付されてきた。
 
 2.インターネットオークションに出品した商品の購入者から
 代金として国際郵便為替証書が送付されてきた。

 などの経緯で受け取った国際郵便為替証書を、
 郵便局に持ち込んだところ、
 為替証書が偽造されたものだった、
 事例が多く発生しています。
 
 いずれの場合も、
 米国郵便庁(United States Postal Service)が発行する
 国際郵便為替証書を偽造したもので、
 ナイジェリア、香港など米国以外の場所から
 送付されることもあるということが判明しています。


 ○郵便局でのチエックポイント
 
 1.肖像画の透かしの確認
 為替証書を光にかざし、
 証書の左側に透かしがあることを確認します。
 偽造された証書の中には、
 証書の表面にうっすらと肖像画らしきものが
 印刷されているものがあります。

 証書を光にかざさないでも肖像画らしきものが見える場合は、
 偽造の疑いがあります。


 2.「USPS」の透かし文字の確認
 証書を光にかざし、
 肖像画の右側のグレーの縦線に「USPS」という
 透かし文字が入っていることを確認します。
 また、証書を裏返しても同様に透かし文字が見えることを
 確認します。

 この透かし文字は、証書を光にかざさないと見えません。
 偽造された証書の中には、
 グレーの縦線上に「USPS」の文字を
 印刷しているものがあります。
 証書を光にかざさないでも「USPS」の文字が見える場合は、
 偽造の疑いがあります。


 郵便局で国際郵便為替の為替金を換金する際に、
 為替証書の真偽を確認するため、
 為替証書の検査を行わせていただいておりますので、
 ご了承いただきますようお願いいたします。
 なお、お受け取りになった国際郵便為替証書の真偽が
 ご不明な場合は、お近くの郵便局窓口へご相談ください。


bouhantaisaku at 06:40|Permalink

2009年04月07日

次点落札詐欺- 落札者がキャンセル…という偽メールに注意

-IDとメールアドレスのアカウントが同じ人がターゲットに-
2006年6月記述
 
 インターネットオークションで
 次点以下となった参加者に対し、出品者を装って
 「落札者がキャンセルした」などと
 うそのメールを送って架空の取引を持ちかけ 
 現金をだましとる
 「次点落札詐欺」の被害が相次いでいます。
 

 次点落札詐欺は出品者になりすまし、
 「落札者が事情で商品を購入できなくなった。
 代わりに、入札した金額でよいので取引したい」
 などとするメールを送り、現金をだまし取る手口。
 本来の落札価格より安価の金額で購入できると思わせるため、
 被害が相次ぐという。
 
 警察は、
 落札できず、がっかりした参加者の心理を狙ったものと指摘。
 中には、出品者を装った複数のメールが一度に届いた参加者もおり、
 被害の拡大が懸念されている。


bouhantaisaku at 20:45|Permalink

2009年03月08日

フィッシング詐欺で全国初の逮捕者、偽ヤフーで個人情報入手

◇フィッシング(Phishing)詐欺とは?
 http://www.security-joho.com/topics/2005/phishing.htm

 大手企業を装いランダムにメールを発信、
 メールの受信者に偽のホームページにアクセスするよう仕向け、
 そのページから個人の金融情報
 (クレジットカード番号、ID、パスワード等)
 などを入力させるなどして
 個人の金融情報を不正に入手する詐欺の手口です。


 ◇UFJカードで被害、海外で約150万円引き出し
 http://www.security-joho.com/topics/2005/fishingsagi1.htm
 『セキュリティーを強化します』などのメールが届き、
 そこに書かれたアドレスでカード会社の偽ホームページに接続。
 カード番号や暗証番号などを記入してしまった、という事例。
  
 ◇メールで偽ホームページにアクセスさせ、暗証番号を狙う詐欺
 http://www.security-joho.com/topics/2004/fishingsagi.htm


bouhantaisaku at 11:59|Permalink

クレジットカードを使う際の注意点

http://www.security-joho.com/topics/2002/cardhanzai.htm
 国内でもクレジットカードの不正使用被害が
 一気に増加しそうな気配です。
 
 おかしいな、と気づいたときの対策
 
 実に覚えのない買い物に気付いた時は即!
 カード会社と警察に届け出る。
 一般に、
 カード被害の補償は届け出た日から60日前までのものに限られます。
 ここで重要なのが、支払日の10日程前に送られてくる利用明細。
 通常、支払日と締め日の間はおよそ1ヶ月、
 その間に利用明細が届きます。
 その利用明細で盗難被害に気づいて速やかに届け出を出しさえすれば、
 60日以内なので全て補償されます。
  
 見の覚えのない買い物など、明細に不審な点があったら
 すぐにカード会社に問い合わせてみてください。

 ◇クレジットカードが盗まれました..。そんなときの対策は?
 http://www.security-joho.com/topics/2002/card2002.htm


通帳、印鑑の盗難被害、印鑑、カード、偽造、預金者保護法


bouhantaisaku at 11:57|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: