防犯

2019年11月27日

セコム元職員再逮捕“契約者宅”から『高級時計』窃盗容疑…施錠確認で駆け付け犯行か

兵庫県尼崎市で、警備会社「セコム」の元警備員が契約者の家から高級時計などを盗んで逮捕された事件で、警察は市内の別の契約者からも高級腕時計を盗んでいたとして再逮捕しました。

再逮捕されたのは、大手警備会社「セコム」の元社員の容疑者(24)です。警察によりますと、容疑者は先月11日、セコムと契約する尼崎市の男性の住宅から高級腕時計など90万円相当を盗んだ疑いがもたれています。当時、「家の鍵がかかっているか確認してほしい」という要請を受けて警備員として駆けつけた容疑者が、預かっていた合い鍵で侵入したとみられています。

「家内が帰宅して、あったものがなくなっていると。腕時計が一つと、ギャランティーカード(保証書)。考えられなかったですね」(被害を受けた男性)

容疑者は調べに容疑を認め、「あと10数件ほど盗みをした」と供述しているということです。

MBSニュース2019/11/26


bouhantaisaku at 09:11|Permalink

2019年11月02日

自宅から高級腕時計数十本押収 セコム元社員が窃盗

警備会社大手「セコム」の元社員の男が、顧客の自宅から高級腕時計などを盗んだ疑いで逮捕された事件で、男の自宅から数十本の高級腕時計が押収されたことがわかった。

「セコム」の元社員の容疑者(24)は、2019年9月、兵庫尼崎市の警報が鳴った顧客の自宅に侵入し、高級腕時計など、およそ170万円相当を盗んだ疑いが持たれている。容疑を認めている。
被害に遭った家の女性は、「まさか警備会社の社員が盗みをするとは思わなかったので、ショックは大きい」と話した。

捜査関係者によると、容疑者の自宅からは高級腕時計数十本が押収されたことがわかった。
兵庫県内では、ほかにも同様の被害があり、警察は容疑者の犯行とみて調べている。

関西テレビ2019年11月2日

bouhantaisaku at 16:27|Permalink

「雨イジングスパイダーマン」逮捕 雨や台風の日 屋上から侵入し窃盗か

雨の日などに屋上から室内に侵入し、窃盗をしていた疑いで、「雨イジングスパイダーマン」と捜査員に呼ばれる男が逮捕された。

容疑者(26)は2019年4月、東京・新宿の事務所に侵入し、現金6万6,000円を盗んだ疑いが持たれている。
雨や台風の日の夜に、ビルの屋上から室内に侵入し、犯行を繰り返していたとみられ、捜査員に「雨イジングスパイダーマン」と呼ばれていた。

FNN 2019/11/2

bouhantaisaku at 16:25|Permalink

2019年10月18日

恩赦55万人決定=3年経過罰金刑に絞る−即位礼の22日実施・政府

政府は18日の閣議で、天皇陛下が即位を宣言する22日の「即位礼正殿の儀」に合わせ、同日付での恩赦の実施を決めた。

比較的軽微な交通違反などによって罰金刑を受け、納付から3年以上が経過した約55万人が対象で、恩赦の種類は、喪失・停止された資格を回復させる「復権」のみとした。これ以外に申請に基づき認めるケースもある。

恩赦は憲法に基づく制度。内閣が決定し、天皇の国事行為として行われる。平成に代替わりした際は、1989年2月の昭和天皇の「大喪の礼」と90年11月の上皇さまの「即位礼正殿の儀」に分けて実施され、89年は有罪判決の効力を失わせる大赦を含む約1017万人が、90年は罰金刑(納付から3年未満含む)の約250万人が対象となった。今回は犯罪被害者への配慮から対象者も種類も絞り込んだが、識者の間には司法判断を行政が変える制度自体に根強い異論がある。

菅義偉官房長官は18日の記者会見で「令和の時代を迎え、即位の礼が行われる慶事に当たり、罪を犯した者の改善更生の意欲を高め、社会復帰を促進する見地から恩赦を実施する」と述べた。

恩赦には、要件を定めて一律に実施する政令恩赦と、申請に基づいて個々に審査する個別恩赦がある。

今回は政令恩赦として、2016年10月21日までに罰金を納めた約55万人が対象となった。罰金刑を受けると、原則として医師や看護師など国家資格を取得する権利が5年間制限されており、こうした権利が回復する。法務省によると、対象者の約8割が道路交通法や自動車運転処罰法などの違反。公職選挙法違反による罰金納付から3年がたった約430人の公民権なども回復される。 

2019/10/18時事通信

bouhantaisaku at 11:38|Permalink

2018年02月15日

特殊詐欺認知件数1233件、3年ぶり増 キャッシュカード詐取急増 埼玉

県内で昨年発生したオレオレ詐欺などの特殊詐欺事件の認知件数は、特殊詐欺事件として統計を開始した平成23年以降、2番目に多い1233件になったことが県警のまとめで分かった。キャッシュカードをだまし取る手口が急増したことが一因になったとみられ、県警は注意を呼びかけている。

県警生活安全企画課によると、昨年1年間の被害額は19億536万円で、前年比1億9622万円減となった。一方で、認知件数は同261件増の1233件。23年以降最も多い26年の1254件から2年連続減となっていたが、増加に転じた。

振り込め詐欺の中で、オレオレ詐欺が同271件増の809件で全体の約3分の2を占めた。その中でもキャッシュカードをだまし取る手口が約4割の325件だったという。


キャッシュカードをだまし取る詐欺は、特殊詐欺全体では計351件発生。28年には110件で、3倍以上に増加した。カードを使って引き出された額は4億3850万円で、窃盗事件の被害として分類されるため、特殊詐欺の被害額と合わせると合計23億4386万円となり、被害総額は前年比約6千万円増になった。


県警は詐欺対策として、金融機関などでの水際防止策を推進。昨年1年間の防止件数は前年比296件増の1102件で、13億3993万円の被害を食い止めた。

一方で、警察官らをかたって被害者宅を訪れ、キャッシュカードなどを盗む「職権盗」事件が多発。28年には15件だったのが、昨年は76件で5倍以上になった。県警は、犯人らが金融機関などでの水際防止策を避けていることが増加の要因だとみている。

208/2/13産経新聞

bouhantaisaku at 14:29|Permalink

2018年01月14日

神社屋根の銅板、窃盗相次ぐ 滋賀で被害深刻化

滋賀県内の神社で昨年12月から、ほこらや本殿に取り付けられている銅板が盗まれる被害が相次いでいる。栗東市の小槻大社でも、ほこらの屋根に敷かれた銅板約120枚が何者かにはぎ取られていたことが分かった。県神社庁(大津市)は15件の被害報告を受けており「これだけ連続するのは過去20年間で初めて」と、県内の宮司約250人に文書で注意を呼び掛けた。

12月30日、栗東市下戸山の小槻大社で門松などの準備をしていた氏子らが、本殿(国指定文化財)から約50メートル離れたほこらの屋根の銅板(縦25センチ、横10センチ)が全てなくなっていることに気づいた。権禰宜(ごんねぎ)は「普段は地元住民がお参りするだけで、常には宮司はいない。人が訪れないような場所を狙ったのでは」と推測する。

県内では東近江、野洲、竜王、日野の各市町でも同様の被害が確認されている。本殿が国宝の大笹原神社(野洲市大篠原)の境内では、ほこら2カ所の屋根の銅板などが持ち去られているのが見つかった。同神社も宮司は常駐せず、氏子が毎日巡回している。

2018/1/13京都新聞

bouhantaisaku at 12:30|Permalink

2016年02月02日

トイレ盗撮に法の穴 16県、条例規制は「公共の場所」

電車内での隠し撮りは「盗撮」だが、現場が駅のトイレだと立件できない−−。そんな状態が16県で続き、全国の都道府県で規制にばらつきがあることが、毎日新聞の調査で分かった。盗撮は刑法に規定がなく、全都道府県にある迷惑防止条例で禁止されているが、この16県では「公共性の高い場所」に限られているためだ。昨年、条例を改正した福岡県では、半年間で58件検挙しており、識者は条例ではなく法律の改正で対応すべきだと指摘している。

スマートフォンの普及などを背景に盗撮の検挙件数は年々増加している。一方で、現行の規制では書類送検にとどまったり、立件できなかったりするケースもある。兵庫県尼崎市の福祉施設で昨年6月、40代の男が女子トイレにビデオカメラを仕掛け、隠し撮りをしていたことが発覚。しかし県警は迷惑防止条例違反を適用できず、軽犯罪法違反(のぞき)容疑で書類送検した。

盗撮は、各都道府県が迷惑防止条例で「卑わいな行為」などとして禁止。1年以下の懲役や100万円以下の罰金などの罰則がある。しかし原則は道路や公園、電車など、不特定多数の人が出入りする場所に限られ、公共の場所にあってもトイレや更衣室は含まれない。路線バスでは適用されるが、貸し切りバスではされない。

対象外の場所での隠し撮りは、科料1万円未満などの罰則しかない軽犯罪法違反などしか適用できず、不起訴になる例も少なくない。ある警察幹部は「卑劣な犯罪なのに立件できないケースも多く、もどかしい」と打ち明ける。

奈良県や福岡県、東京都などは条例を改正し、公衆トイレや銭湯、更衣室にも範囲を拡大したり罰則を強化したりしている。このうち、福岡県では昨年6月に条例を改正し、駅や電車内、商業施設のフロアなどに限られていた禁止場所を広げた。公衆トイレだけでなく、商業施設内のトイレや授乳室など通常衣服を着けないことが想定されたり、会社の事務室など公衆の目に触れたりする場所が加わった。

福岡県警は昨年11月、福岡市内のアルバイトの50代の男を改正条例に基づき初めて逮捕した。男は昨年8月、市内の商業施設内の男女共用トイレに小型のビデオカメラを設置し、女性を盗撮したとされる。摘発はその後も続き、昨年12月までに、拡大された禁止場所の盗撮で計58件(暫定値)が検挙(逮捕、書類送検)された。

毎日新聞 2016年1月30日


bouhantaisaku at 20:57|Permalink

2015年08月03日

防犯商品を販売している会社やお店とお客とのトラブルが増えています。

以下のような話をよく聞きます。
監視カメラの販売会社が多いようです。


自らの会社は納品書は発行しない。

製品保証書に自分の会社やお店の名前を明記しない。

商品の知識がない、セキュリティの知識を持ち合わせていない。

電話をかけてもでない。既に廃業しているがホームページだけまだ残っている。

トラブルがおこった時、一切メーカー任せで販売店自身は一切取り合わない。

○○専門店、○○専門ショップと銘打っているが、本業は別業種- 副業のアルバイト。

コピーした画像だけを使ってホームページを作りネット販売をしている。

購入後に急に電話に出てくれなくなった。

今晩にも泥棒に入られそうな感覚に襲われる危機感をあおり立てる強烈な営業トーク

bouhantaisaku at 15:54|Permalink

2014年09月24日

帰宅時に一人で鍵を開ける時、周囲や室内の気配に不安を感じる事がある。

帰宅時に一人で鍵を開ける時、周囲や室内の気配に不安を感じる事がある。
在宅時、鍵は掛けているのだが、外の気配が気になる事がある。
とっさの時に、あまり素早く動ける自信が無いので、賊の侵入を早い段階で食い止めたい。


センサーを取り付けた玄関ドアを開けると
ピーッ、ピーッ、ピーッ、という音が10秒間鳴ります。
ピーッ、ピーッ音の鳴っている間にリモコンのOFFボタンを押してください。
10秒間経過してもリモコンのOFFボタンが押されない場合は100デシベルの警報ブザーが作動します。

ひとり暮らしの見張り番


bouhantaisaku at 13:07|Permalink

2013年09月22日

セコムと事務所の契約して20年以上経つのですが、最近料金に納得がいかなくなりました。

郊外の工場の事務所をセコムと契約して20年以上経つのですが、
最近、取引先が会社を新築してセコムと契約したのですが、
うちよりも月々の契約料金がかなり安かったようです。(※半額近く)

平米数や部屋の数はあまり変わりません。
料金の計算方法が変わったのでしょうか?

--------------------------------------------------

警備会社の料金は各社の競争でかなり安くなってきています。
そのために10年以上前の古い契約は、
今の契約料金よりも高い料金で契約をしている場合もあると思われます。

料金ダウンにつながるような話は
警備会社側からは積極的に話はこないと思いますので
どうしても納得いかない場合は直接警備会社に相談されてみてはいかがでしょうか?
他社から見積もりを取ってみて比較するのも一つの方法です。


bouhantaisaku at 20:19|Permalink
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: