2018年02月15日

特殊詐欺認知件数1233件、3年ぶり増 キャッシュカード詐取急増 埼玉

県内で昨年発生したオレオレ詐欺などの特殊詐欺事件の認知件数は、特殊詐欺事件として統計を開始した平成23年以降、2番目に多い1233件になったことが県警のまとめで分かった。キャッシュカードをだまし取る手口が急増したことが一因になったとみられ、県警は注意を呼びかけている。

県警生活安全企画課によると、昨年1年間の被害額は19億536万円で、前年比1億9622万円減となった。一方で、認知件数は同261件増の1233件。23年以降最も多い26年の1254件から2年連続減となっていたが、増加に転じた。

振り込め詐欺の中で、オレオレ詐欺が同271件増の809件で全体の約3分の2を占めた。その中でもキャッシュカードをだまし取る手口が約4割の325件だったという。


キャッシュカードをだまし取る詐欺は、特殊詐欺全体では計351件発生。28年には110件で、3倍以上に増加した。カードを使って引き出された額は4億3850万円で、窃盗事件の被害として分類されるため、特殊詐欺の被害額と合わせると合計23億4386万円となり、被害総額は前年比約6千万円増になった。


県警は詐欺対策として、金融機関などでの水際防止策を推進。昨年1年間の防止件数は前年比296件増の1102件で、13億3993万円の被害を食い止めた。

一方で、警察官らをかたって被害者宅を訪れ、キャッシュカードなどを盗む「職権盗」事件が多発。28年には15件だったのが、昨年は76件で5倍以上になった。県警は、犯人らが金融機関などでの水際防止策を避けていることが増加の要因だとみている。

208/2/13産経新聞

bouhantaisaku at 14:29│ 防犯 
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

事務所荒らし、店舗荒らしの窃盗被害にあった時の対処法とチエックポイント。
事務所荒らし、店舗荒らしの窃盗被害にあった時の対処法とチエックポイント。 印鑑、預金通帳、カード、小切手、手形など紛失物の手続き。

メール通報機能内蔵充電バッテリ式ワイヤレス機械警備システム
メール通報機能内蔵充電バッテリ式ワイヤレス機械警備システム。
赤外線センサーや横揺れセンサーを使って屋外の商品などを防犯監視します。 バッテリ駆動式ですので持ち運びが可能。移動式機械警備システムです。
コンセントや電話回線の無い場所−工事現場、建築現場、新築現場、資材置き場、農場や牧場、資材置き場や倉庫などの遠隔防犯監視にご利用いただけます。

メール通報機能付きソーラー電源ワイヤレス機械警備システム
メール通報機能付きソーラー電源ワイヤレス機械警備システム。
警報機本体の電源は太陽電池を使用します。電源の無い資材置き場、倉庫、山の中の物件、 駐車場などの防犯、防災監視に最適です。 防犯センサーの感知をショートメールを使って自動通報します。

メールを使った自動通報装置、担当者の自動呼び出しシステム
メールを使った自動通報装置、担当者の自動呼び出しシステム。
メールを使って携帯電話、スマートホンに緊急連絡をする自動通報装置です。

畑、果樹園、農作物の防犯

神社仏閣の防犯

医院、病院の防犯

工場、研究所、倉庫の防犯

ガソリンスタンドの防犯

学校、幼稚園の防犯

宝石店、貴金属店の防犯

金融機関の防犯

コンビニエンスストアの防犯

カーディーラー、自動車販売店の防犯

書店の防犯

スーパー、量販店の防犯

薬局の防犯

リース会社の防犯

老人ホーム、介護施設の防犯

スポーツ施設の防犯

ファーストフード、飲食店の防犯

屋外施設の防犯

駐車場や駐輪場、公園の防犯

自動販売機,両替機,精算機の盗難

ホームセキュリティ

電線泥棒、資材置き場、金属泥棒、銅線泥棒

建築現場、新築現場での盗難防止、防犯対策

セキュリティシステムの質問
セキュリティシステムの
ご相談はこちら