2012年05月17日

空き巣にあったら!泥棒の侵入経路の確認とチエック

空き巣被害に遭ったときはどのような点を確認すればいいでしょうか?

1.まず、何が盗まれたかを確認しましょう?
一息ついて、落ち着いてから冷静に部屋中を何度も見渡して
何か無くなっているものがないか?
家の中のモノで位置を動かされているものがないか?
ゆっくりと落ち着いて何回か確認してみましょう。


建物の外回りをゆっくり数周して、
ガラスや扉、鍵、壁などが動かされていたり、
壊れていたり手の痕などがついていないかを何度か確認してください。

窓ガラスや足場にした塀や空調機、物置、梯子などに
足跡や軍手の痕が付いていたりするものです。
大きな木の棒が塀や壁に立てかけてあったりすると、
足場にされたりすることもあります。

家の外側から見れば泥棒の侵入手口のおおよそわかります。
これは今後の防犯対策につながってきます。



1

建物と建物の間の細い隙間。
建物どうしの細い隙間は表通りからほぼ死角になります。
さらに、周囲に民家が無いと 昼間でも多少音を立ててガラスを割っても発見しにくくなります。

トイレや浴室の窓は表通りから見えにくい場所にある場合が多いので
特に注意が必要です。



1
もし空き巣被害にあったら!被害届などの対処法とチエックポイント


bouhantaisaku at 11:24│ 住宅 | 防犯
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: