2006年07月06日

突然、最終告知、というハガキが届きました。

先日、「最終告知」というタイトルでハガキが届きました。
内容は過去に何回も請求の通達をしたにもかかわらず、お金が振り込まれていないということで、期日までに入金または連絡下さい。とのことでした。私のところには、請求書も何も届いていなので記載されてあった連絡先(携帯の番号)に連絡しました。(連絡してはいけなかったのかも知れません)
電話にでた相手によると、そこの会社が請求先の会社から依頼されて私の代わりに支払っているとのことです。
それならば請求先の会社名といつ購入(使った)したのか日付を教えてほしいと言ったところ、受け取っている封筒の中身はそこの業者は空けることができない。開けることができるのは私自信なので勝手に中をみることはできない。と言われました。
唯一金額だけは分かりましたが、そんな買い物をした憶えはありません。
ハガキの内容では、通販・有料サイト・ビデオの延滞料金の債権回収業者らしいのですが、支払う口座名も記載されていないし、請求書も今まで届いていません。
この場合はどうすればいいのでしょうか?

○○○

できたらそのハガキをもってあなたの地域の消費者生活センターや警察の生活安全課に「こういう請求がきたよ」と届けてください。

>私のところには、請求書も何も届いていなので記載されてあった連絡先(携帯の番号)に連絡しました。(連絡してはいけなかったのかも知れません)

こういう詐欺師にこちらから連絡をとるのは絶対にしてはならないことです。こういう業者はなんらかの名簿から手当たり次第にランダムにハガキを出しまくっており、それに反応した人を「おいしいカモ」とみなして、集中的に攻撃します。
今回電話したことで、あなたの情報(名前・住所・電話番号)が実在することが詐欺師に確認されてしまいましたので、これからもこういう「最終告知」がいくつも舞い込むでしょうが、徹底無視するしかありませんね。

○○○

相手に返事をしてしまったのは残念ですが、
今後は何があってもとにかく無視する事です。
気の弱いところを見せたら負けです!



bouhantaisaku at 10:25│TrackBack(0) 防犯 | 個人情報

トラックバックURL

最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: