2006年07月06日

携帯電話を勝手につくられました

契約していない架空名義の携帯新設の明細書が届きました。
ドコモへ連絡したら、「最近 多いんですよね、自宅の郵便受けから公共料金明細書を盗んで不正契約する犯罪が・・」とのこと。
ドコモは、今後自分以外名義の書面は、受け取らないで下さいと、言っていました。
まー・・いいかなーと思ってたら、今日KDDIから、違う名義の内容証明の書留が!!!しかも2つも・・。
郵便局に事情を話したら、引き取ってくれて、今後この名義のは、送りませんとのこと。
しかし、携帯電話の審査って緩いんですね。
これは、警察へ届けた方がいいのでしょうか?

○○○

はじめまして。
とりあえず一度警察に相談したほうがいいと思います。

確かに携帯電話の新規申し込みの際の確認書類には、
健康保険証  有効期限内、現住所が記載されているもの
+  
住民票 発行日より3ヵ月以内のもの 
または  
公共料金領収書・請求書 3ヵ月以内のもの
(「公共料金領収証」は、電気、ガス、水道、電話(一般固定電話)に限ります)
というパターンがありますね。
http://www.security-joho.com/topics/2002/hokensyou1.htm
他人の国民健康保険証を再発行し、携帯電話を入手
や、
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/news/2002/1229-7.html
....一部は、顧客が指定した名義で携帯電話が入手できる、とうたっており、
府警は「パソコンで作成した偽造証明書を使って契約しているのは明らかで、
有印私文書偽造にあたる」(幹部)と判断。詐欺罪に該当する可能性が高いとみる。...
のパターンかと想像します。

ちなみに今回”架空名義”の明細書が届いたという事ですが、
住所は間違いなかった、という意味でしょうか?
架空名義人の名字だけは同じだったとか...。

○○○

ありがとうございます
架空名義の苗字は同じでした。
請求明細ではなく、新規開設の通知でした。
ドコモに請求方法は何ですか?と聞いたら振込みですと言われたので、銀行引き落とし、クレジット支払いでは無いので、少し安心しています。
URLを見ると、やっぱり最近よくあることなのですね。郵便受けを溜めることがあり、そこから公共料金明細を抜かれたような気がします。
警察への届出と、郵便受けは溜めないようにします。
お返事ありがとうございました。

個人情報保護法と情報漏洩、プライバシー、情報漏洩



bouhantaisaku at 10:21│ 防犯 | 個人情報
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: