2006年06月29日

住民票や納税証明書で知らない間に借金がされていました。

自営業者です。
先月不意な出費に備えて銀行系カードローンの枠だけでも確保しょうと数件のローン会社の審査をうけたのですが、ことこどく断られました。しかたなく消費者金融系のP社の審査を受けてみると「すでに当社の会員のため・・・・」びっくりしました。

自分は今まで消費者金融を利用したことは全然ないのです。消費者情報センターで確認してみるとP社のほかにA社からも、合計400万円の借り入れになっていたのです。自分の個人情報を悪用されて偽造書類で約八年前に借りられ、ばれないように別人も使って借りては返しの繰り返しで逃れていたんですが、自分は知らないあいだに多重債務者にされており、信用ズタズタで大変なことになっていました。

二社には厳重抗議して、情報センターの履歴消してもらったんですが、犯行当時の審査が、いい加減でした。本人確認を住民票や納税証明書で貸していたんです。せめて運転免許などの顔写真付きの物で本人確認していれば防げたはずです。何か後味の悪さだけ残り疲れました。


個人情報保護法と情報漏洩-安全関連リンク集



戸籍、住民票関連-個人情報保護法




bouhantaisaku at 10:35│ 防犯 | 詐欺
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: