2006年05月17日

郵便物の転居届けを勝手に出されていました

はじめまして。ちょっとご相談したいことがあります。

実は、無断で郵便局の転居届を出されていました。私の住所(○○区××)が、
勝手に架空の住所に変更され、郵便局へ届けられていたのです。
郵便局へ行って局員の方のご協力のもと、調べさせて頂きました。

転居届って、はがきで郵便局へ出せば受理されますよね。その仕組みを、
だれかが利用したようです。ですから、現住所の私宛の郵便物が、
「△△区◎◎町3−13−207」という架空の場所(この住所は、マピ
オンで検索したところ、架空でした)へ配達されていたのです。

配達担当者の方たちも虚偽の内容であるとは思わなかったようです。というの
も念入りにハンコまで押してあるし。ただ連絡先の電話番号は書いてありません
でした。電話番号があれば、郵便局の方で確認することもあるそうですが、そ
こも犯人は計算済みなのかもしれません。

私は結婚をしてから仕事などでまだ「旧姓」を使っていますので、ポストには
「旧姓(現在の姓)」と書いた表札を出しています。
転居届のはがきには、その表札通り「旧姓(現在の姓)」と書かれていました。

私が表札に「現在の姓」」を書き足したのは、住基ネット稼動以降、つまり
8月5日以降です。書き足したのを覚えていたのは、住基ネットのコードが
書かれた役所からの郵便物が届かなかったためなのです。

しかし、転居届は7月19日で出されていました。つまり、ポストの表札など
は関係なく、私が「現在の姓」であることを知っていて、かつ、ポストには
「旧姓」と書いてあることも知っている人物の仕業だと推測できるのです。

さらに、8月20日に2通目の転居届を出していて、その転居届のコピー(控え)
には、「旧住所もまだ使っているので、新住所の郵便物は、○○区××の方へ
届くようお願いします。住所のとおりに届けてください」と注意書きがありました。
つまり、この「旧住所」とは「△△区◎◎町3−13−207」(架空の住所)の
ことであり、郵便局の人は「○○区と△△区のいずれかに郵便が届くようにされ
ていますね」と言っていました。

おそらく、これは、私が住んでいる○○区××の方へ郵便物がまったく届かな
くなるとバレてしまうので、少しでも郵便物が○○区××へも届くように計算
されたことなのではないかと郵便局の方もおっしゃっていました。

転居届の筆跡は、明らかに2人以上で書かれたと思われる、異なる筆跡で書か
れています。でも、私には見覚えがありません。

だれかの嫌がらせだとしても、気味悪いのですが、もしかしたら、犯罪につな
がる可能性もあるのかと考えると、とても怖いです。例えば真の目的は、
郵便物を抜き取ることにあり、カード会社の請求書やキャッシュカードの明
細書など、何らかのデータを盗むことであるとか・・・。転居先の住所は架
空なのですが、実は今回のことが発覚する以前、何やら郵便ポストが荒らさ
れているような様子がありました(ポストに入れておいたポケットティッシュ
がなくなっていたりとか。ポストの扉が開けられていた形跡があったりとか)。

もしくは郵便局の転居届を出すことで(これは本当に簡単にできます)、その
後いくつかの段階を通すことで例えば住民票を移すことが可能であるとか・・・。
詳しくはわかっていないのですが、よくテレビなどでやっている犯罪で、書類
上だけで勝手に国際結婚をさせられていたとか、健康保険を作成されていて、
サラ金から金を借り出していたりとか・・・。考えすぎでしょうか

警察にも相談に行ってきましたが、あまり期待できないかもしれません。

こちらとしては、粘着質なストーカー被害にしろ、手の込んだ犯罪にしろ、
どちらにしても迷惑な話で、決着をつけてもらいたい、というか、犯人の
目的を知りたいというのもあるのですが。

……と、長々と書いてしまいましたが、
何かお分かりになれば、教えて頂けませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

○○○

管理人です。
書き込みありがとうございます。

諸届けを悪用する犯罪は最近バラエティーに富んできています。
目的も様々です。
いろいろ検索してみましたが、具体的な対策がちょっとわかりません...。
ただ、同様のトラブルは以前から多数起きているようです。
郵便物のトラブルの相談先として、郵政監査室があります。

郵便関係のトラブルについての相談コーナーがあります。
一度利用してみればいかがでしょうか?

○○○

管理人さん、ご丁寧にありがとうございます。

今日、△△区郵便局(転送先)から○○区郵便局に、
実家からの速達が転送されてきましたので、取りに
いってきました。

そこで、8月28日から、△△区◎◎町3−13−207(見覚
えのない転送先)の住所からまた○○区××の住所(現在
住んでいる住所)へ転送する旨の3通目の届が出されてい
たことが発覚しました。3通目の署名は旧姓で、ハンコも
旧姓の印でした。

○○局から△△局(転送先)に、住所の有無、これまでの
郵便物の所在などを確認していただいたところ、なんとマピ
オンには存在していなかったはずの住所が存在していました。
「△△区◎◎町3−13−207」です。

しかし、そこは古いアパートでポストが出ていなかったため、
△△局員(転送先)の人は配達できずにいたそうです。
とはいえ、ポストがなければ、部屋の住人が在宅していれば
手渡しも可能ですし、玄関のドアの隙間から差し込むことも
あるともおっしゃっていました。
しかし、配達員に確認しても、「1ヶ月以上も前のことなので、
はっきりと覚えていない」と、なんとも理解しがたい答えでした。

そこで、3通目の転居届が出ていていたことを警察に報告し
に行ったのですが、昨日の刑事さんは不在だったため、別
の年配男性刑事さんが相談に乗ってくださいました。
結果としては、「郵政監察に相談してみてください」とのこと。
要はたらいまわしなのかな、と感じざるを得ないというか・・・。

ということで、実は△△区◎◎町3−13−207の住所を見に行っ
てきました。これがまた、かなり年代もののアパートで、集合玄関
に集合トイレ、部屋は引き戸という、ドラマにさえ出てこなさそうな
古さです。正直、何でこんな所をわざわざ転居先にしたんだろうと、
不気味に感じました。しかも、人は住んでおらず、鍵は壊されていました。
なんとなく、引越した後で“もぬけの空”という印象を受けたのです。
ほかの住人は、中国系と思われる「P」さん、そして「M.T」(これは本
当にイニシャルだけの表札)というイニシャルのみの表札が付けら
れたポストがありました。

「これって、ただの嫌がらせではないのではないだろうか。
このアパートに住んでいたとしたら、日本人ではないかもしれない。
もしかしたら、外国人犯罪に巻き込まれているのか・・・」
と想像力ばかりが膨らんでしまいます。

とりあえず、月曜日に役所で住民票などの書類、保険証やパスポート
が再発行されていないかを確認し、郵政監察に相談してみようと思います。
ちなみにこういうケースの場合、「住民票」、「保険証」、「パスポート」のほか
にも何か確認しておけばよいものはありますでしょうか。

○○○

興味があったので近所の郵便局へ行って転居届をもらってきました。これだけで郵送先が変わってしまうんですね...。
かなり危険を感じますね!
どんな場合が想定できるのか、ちょっと検討もつきませんが、
郵政監査にぜひ相談してみてください。
その後の経過もぜひ教えてください。
クレジットカードや通帳、キャッシュカードも一応確認しておいたほうがいいですね。

○○○

管理人さん、お返事ありがとうございます。

管理人さんもやはり危険性を感じらましたよね。しかし、私も
こういう犯罪に巻きこまれなければこのことも知らなかった
わけで、そういう意味でも恐ろしいなと感じます。

取りあえず、郵政監察局に行ってきました。
資料等を集められるそうなので、すぐに対応はないのですが、
来週くらいには、何らかの動きをしてくださるようです。
また引き続きご報告させてもらいます。また、何か新しい情報
などがございましたら、教えてください。よろしくお願いします。

※2002年の書き込みから。







bouhantaisaku at 10:25│ 防犯 | 個人情報
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: