2013年01月

2013年01月30日

空間センサー(赤外線センサー、モーションセンサー、パッシブセンサー)

人体から発生する赤外線(体温)を監視するセンサーです。
窓がたくさんあって開閉センサーを設置するのがたいへんな大きな部屋、
夜間無人になる事務所や店舗などによく使用されます。

人以外にも犬や猫などの小動物も感知しますので、 ペットを飼っている場所には不向きです。
狭角度型を使用する、角度を調整するなどして対応可能な商品もあります。


ホームセキュリティとは?機能の比較と導入メリット
警備会社のサービスと買い取り式ホームセキュリティとの違い






bouhantaisaku at 11:55|Permalink 防犯グッズの選び方 

2013年01月29日

ホームセキュリティの主な機能。

1.家屋への泥棒、侵入を撃退します。

泥棒やピッキング犯、ストーカーなどが勝手に家屋に侵入した時に
警報ブザー音やランプを作動させて威嚇して侵入を防ぎます。
さらに近隣に異常事態を報せます。


2.在宅時の異常を周囲にしらせます。
押し込み強盗対策の非常通報ボタンを押して外に異常をしらせます。
就寝中にセンサーを作動させて、押し込み強盗などを感知する機能もあります。


3.電話回線に接続して、外部に異常を知らせます。
既設の一般公衆回線、ISDN回線、ADSL回線、携帯電話網などを一次使用して携帯電話などへ自動的に電話をかけます。

ホームセキュリティとは?機能の比較と導入メリット
警備会社のサービスと買い取り式ホームセキュリティとの違い




bouhantaisaku at 09:14|Permalink 防犯グッズの選び方 

2013年01月28日

防犯用シャッターセンサー

防犯用シャッターセンサー

ケース横のレバー(バネ特性)をシャッターの内側の波打った凹凸部分に引っかかるようにしてシャッターの上下によってレバーが引っかかり、動くと警報を発します。
倉庫、工場、自動車やバイクの車庫、ガレージの防犯対策に。


防犯用シャッターセンサー

レバーがシャッターのスラットの凸部に引っかかり約5cm引き上げられると発報します。 レバー材質:腰の強いバネ製のφ1mmのSUS針金(先端はφ7mm程度のリング状)
写真の商品ではレバーをシャッターに合わせて曲げても可能。


防犯用シャッターセンサー


bouhantaisaku at 14:15|Permalink 防犯 | 防犯グッズの選び方

ホームセキュリティの操作

屋内に設置したセンサーが侵入者などの異常を感知すると、
ブザー音で泥棒を威嚇したり、異常を電話回線を通して各登録先や携帯電話などへ自動的に連絡するシステムです。

外出する時はセンサーを作動(警戒モード)してお出かけ、帰宅したときは解除して入室、の繰り返しとなります。
押し込み、強盗対策で、夜間センサーを動かした状態で就寝する事もできる機種もあります。
※使用するセンサーにより変わります。

操作方法はカード方式、無線リモコン方式、暗証番号方式(テンキー入力方式)などいろいろあります。

ホームセキュリティとは?機能の比較と導入メリット
警備会社のサービスと買い取り式ホームセキュリティとの違い


bouhantaisaku at 10:19|Permalink 防犯グッズの選び方 

ホームセキュリティの種類

ホームセキュリティには
1.警備会社が提供しているホームセキュリティ(警備員の駆けつけるサービス)
2.大音響や光で威嚇して犯行の抑止効果を狙う自主警備システム(買取式)
の2種類があります。


1.買取式の自主機械警備システム(警備会社提供の買取式ホームセキュリティとは異なります。)

初期費用(購入費用)のみ。
ランニングコスト、管理費用など月々の費用は無し。
センサーや警報機などの機器は買い取りが基本。
防犯センサーが反応したときは、家族の方の携帯電話へ自動通報するシステムもある。
電話料金は通報先の電話会社によって変わります。


2.警備会社提供のホームセキュリティシステム−セコム、alsok(アルソック)など。

初期費用(工事費用もしくは機器代、レンタル契約の場合は工事費用)が必要。
機器は買取ではなくレンタルが一般的。
管理費用として月々の警備料、管理費用が必要。
さらに、警備料の他にシステムの定時監視のために別途電話料金や通信費がかかる場合が多い。
一般に5年など長期契約が多い。
3年や4年などの中途解約の場合は違約金が発生する場合が多い。

ホームセキュリティとは?機能の比較と導入メリット
警備会社のサービスと買い取り式ホームセキュリティとの違い


bouhantaisaku at 10:18|Permalink 防犯グッズの選び方 
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: