2009年03月

2009年03月28日

子どもに不安を与える事案-あの手この手の巧妙な手口!

-奈良県警のホームページから抜粋してみました-
 http://www.police.pref.nara.jp/fusinshamap/kodomo-fuan-jian.htm

 奈良警察に実際に届出のあった
 『子ども(13歳未満で、中学生を除く)に不安を与える事案』
 についてホームページ上で公開しています。
 

 読んでいるだけでも恐ろしい、
 手荒な手口、巧妙な手口も含まれています...。
 小さなお子さんをお持ちの方は、
 こんな手口もあるんだ...と参考にしてみてください。


 ●手口1
 男児(9歳)が自宅にいたところ、男から電話があり、
 「お母さんが迷惑電話防止の手続きを申し込んでいるが、
 友達の所からの電話をつながるように登録する必要があり、
 電話番号教えて」
 と言われたので、同級生の電話番号を教えた。

 ●手口2
 下校途中の小4女児(10歳)が、
 近づいてきた男に、
 「ウルトラマンの人形あげるから、ちょっとこっちに来て」
 と声を掛けられた。

 ●手口3
 小3女児(9歳)が自宅の電話にでたところ、
 「生活安全課のタナカ」と名乗る若い声の男が、
 「連絡網の紙どこにあるか知ってる?」と
 しつこく連絡網を聞き出そうし、
 電話を代わった兄にも、
 「奈良県警察や、
 この電話を切ったら公務執行妨害になるで、逮捕されるで」
 と言われたが、何も答えず電話を切った。

 ●手口4
 階段に座っていた女児3名が、
 自転車に乗った男に携帯電話で写真を撮られた。

 ●手口5
 徒歩で下校途中の小4女児が、自転車に乗った男に腕をつかまれ、
 「一緒に走ってよ」
 「別のところに一緒に行こう」などと声を掛けられ、
 つきまとわれた。

 ●手口6
 下校途中の小5女児が、後ろから来た男に、
 「スカートぶかぶかやんか」等と声を掛けられ、
 スカートをまくり上げられ、のぞかれた。

 ●手口7
 帰宅途中の小学生女児(8歳)が、車に乗った女に、
 「お名前は」「車に乗りなさい」と声を掛けられた。

 ●手口8
 小学1年の男児(7歳)が、男に
 「おもちゃこうたろか」などと声をかけられた。

 ●手口9
 小学3年の女児(9歳)が、自宅で留守番をしていたところ、
 玄関から侵入してきた男に手を掴まれて引っ張られた。

 ●手口10
 下校途中の小学3年の女児(9歳)が、
 車から降りてきた男に「あの、僕、○○ちゃんの知り合いやから、
 一緒に家に行こう」などと声をかけられた。

 ●手口11
 友達と公園で遊んでいた小6女児(11歳)が、
 バイクに乗ってきた男に、露出した下半身を見せられ、声を掛けられた。
 
 ●手口12
 登校中の小学1年の女児(7歳)が、
 男にコート内から取り出した包丁様の物を見せられた

 ●手口13
 下校途中の小4女児(9歳)が、歩いて近づいてきた男に、
 携帯電話と千円札を見せられ、
 「千円やるからついて来いひんか」と声を掛けられた。

 ●手口14
 集団下校中の小学児童が男に
 「お前達、誘拐したろか」などと声をかけられた。


 ◇奈良県警察ホームページから
 http://www.police.pref.nara.jp/
 ◇子どもの安全と防犯対策
 http://www.securitynet.jp/higaisyanokenri/kodomo.htm



おすすめ防犯システム!http://www.security-joho.info/bbee/index.htm"target="_top">
BBeeホームセキュリティ
就寝中、在宅中も警戒モードにできるBBeeホームセキュリティ。月々の管理費用の要らない本格派防犯システム。一戸建て住宅、マンション、アパートの空き巣、防犯対策に。


警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!


bouhantaisaku at 12:15|Permalink 事故 | 防犯

イモビライザー搭載RV車の盗難被害が前年比で倍増

- 警視庁の発表から 毎日新聞2005年12月1日-
 
 イモビライザー(電子式移動ロック装置)を搭載した
 トヨタ製RV(レジャー用多目的車)、
 ランドクルーザーの昨年1年間の盗難被害が、
 前年の約2倍になっていたことがわかった。
 警察庁は『イモビライザーを破る手口が広まっている』と警戒している。

 ○イモビライザーとは?
 キーに埋め込まれた電子チップの暗号を、
 車体に内蔵したコンピューターで照合し、
正規のキーと判別されなければエンジンが始動しない仕組み。
 現在、最も有効な自動車盗の防止策とされる。



 警視庁発表で、とくに被害の多い
 アリスト(トヨタ)、
 ランドクルーザー(トヨタ)、
 セルシオ(トヨタ)、
 について、2003年と2004年の全国の盗難数を比較。

 イモビライザー付きの車両に絞ると、
 アリストは22台から17台、
 セルシオは133台から115台
 にそれぞれ減少したものの、
 ランドクルーザーは259台から552台と2.1倍になった。
 うち2002年8月に改良される前の『初期型』の搭載車は、
 426台を占めた。

 警察庁は
 『ランドクルーザーは海外での人気が高く窃盗犯の標的になりやすい』
 とみている。
 ただ、改良後の「現行型」イモビライザーの搭載車は
 初期型に比べ盗難に遭う危険率が4分の1程度で、
 同チームは今後も搭載の普及を図る方針。


bouhantaisaku at 12:14|Permalink 防犯 

イモビライザー付き車両の盗難事件

-保険金支払い命令で損保ジャパン敗訴−2005年12月大阪地裁-

 損害保険ジャパン(本社東京)が、
 『イモビライザー(盗難防止装置)付きの自動車が盗まれるはずがない』
 として車両盗難の損害保険金支払いを拒否したのは不当として、
 奈良県の男性が同社を相手に保険金支払いを求めた訴訟の判決が13日、
 大阪地裁であった。

 島田裁判官は盗難の事実を認め、
 同社に請求通り500万円の支払いを命じた。
 
 島田裁判官は、
 損保ジャパン側が
 現場と同じ砂利敷きの駐車場でレッカー移動させる実験をした際も、
 目立った痕跡が残らなかった点などを指摘。
 『イモビライザーを解除する方法で車が盗まれた可能性は極めて低いが、
 レッカー車を使って盗むことも可能』とし、原告の主張は信用できるとした。 
 (時事通信)


bouhantaisaku at 12:12|Permalink 裁判 | 防犯

2005年目立った芸能人宅被害の空き巣事件。

昨年ぐらいから芸能人の自宅の空き巣が目立ちます。

 芸能人宅を狙ったのか、たまたまだったのか分かりませんが、
 記憶に新しいものをピックアップしてみました。
 今年を振り返って...。

 芸能人がハワイに行く正月が泥棒には狙い目なのでしょうか??


 ○石田純一さん空き巣被害、現金150万円や高級腕時計被害。
 自宅マンションに空き巣が入り、
 現金150万円や高級腕時計3本が盗まれていたことが分かった。
 午後6時すぎ、自宅の警備装置が作動。
 警備員が駆け付けて調べると、
 庭に面した窓ガラスが割られていた。

 帰宅すると、庭に面した強化ガラスを割られ、
 扉は全部開かれた状態、部屋の中は散乱していた。
 (共同通信)


 ○山田優さん宅に空き巣、宝石など400万円相当盗まれる
 東京都内の自宅に空き巣が入り、
 宝石など約400万円相当が盗まれていたことが分かった。
 午後7時すぎ、自宅マンションで窓がこじ開けられ
 何者かが侵入したことを示す警報が作動。
 警備会社からの通報を受けた警察官が駆け付けたところ、
 室内が荒らされ、現金のほか高級腕時計や宝石など
 約30点(計約380万円相当)が盗まれていた。
 (時事通信)


 ○内田裕也さん宅に空き巣
 ロック歌手・内田裕也氏の都内の自宅マンションが
 空き巣被害に遭っていたことが分かった。
 大切な時計やジャンパーなど計5点が盗まれた。
 被害に遭ったのは、10年ほど前から暮らす2LDK。
 オートロック式のマンションだが、
 何者かが侵入しピッキングでドアをこじ開け侵入したと思われる。


 ○赤井英和さん宅に侵入盗 現金50万円など被害
 午前5時ごろ、台所で朝食の支度をしていた赤井さんの妻が階段付近で
 懐中電灯の明かりに気付き、2階で寝ていた赤井さんに連絡。
 赤井さんが「こら」と声を掛けると、
 男が風呂場にある高さ約1.3メートルの窓から逃げていったという。
 現金、腕時とショルダーバッグが盗まれていた。

 風呂場の窓ガラスが割られており、ここから侵入したとみられる。
 出入り口などに警備会社のセンサーが設置されているが、
 風呂場の窓にはセンサーがなかった。 
 (共同通信)


 ○東京都目黒区にある歌手の平井堅さんの自宅マンションが
 空き巣被害に遭い、ノートパソコン1台が盗まれていたことがわかった。
 帰宅した平井さんが窓ガラスが割られているのに気づき、
 110番通報した。
 

 ○東京都世田谷区にある俳優高橋克実さんのマンションが
 留守中に空き巣に入られ、現金5万円などが盗まれていていたことが
 わかりました。
 同じマンションの他の部屋のドアがこじ開けられ、
 警察がさらに調べたところ高橋さん方もこじ開けられていました。


 ○清原選手、300万円カード盗難被害
 オートロックの高級マンションばかり30件以上の空き巣を働き、
 窃盗容疑で警視庁に逮捕起訴された自称経営コンサルタントの男が、
 プロ野球巨人軍の清原和博選手のマンションにも忍び込み、
 盗んだカードで現金を引き出したとして追送検されていたことがわかった。
 就寝中の清原選手方に侵入、
 キャッシュカードを盗んで
 コンビニの現金自動預払機から300万円を引き出した疑い。
 
 オートロック式マンション狙いの中国人逮捕、被害総額約1億6000万円
 http://www.security-joho.com/topics/2005/tyuugokujin1.htm


 ○志村けんさんの自宅に空き巣、貴金属1500万円相当の被害。
 午後7時20分ごろ、
 タレントの志村けんさんの都内の自宅が空き巣被害に遭い、
 現金約40万円と貴金属類を盗まれた。
 志村さんは民間の警備会社と契約しており、
 午後7時20分に警報装置が鳴り、 約30分後に警備会社社員が到着。
 1階和室のガラスが割られているのを確認して警察通報した。
 
 警備員が到着したときは、すでに家中が荒らされた後で、
 志村さんは 『いつもなら最短で10〜15分ぐらいで来るそうですが、
 近くで道路工事してまして。』と不運も重なった。
 犬も数匹飼っていたが、防御にはならなかった模様。



おすすめ防犯システム!http://www.security-joho.info/bbee/index.htm"target="_top">
BBeeホームセキュリティ
就寝中、在宅中も警戒モードにできるBBeeホームセキュリティ。月々の管理費用の要らない本格派防犯システム。一戸建て住宅、マンション、アパートの空き巣、防犯対策に。


警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!


bouhantaisaku at 12:11|Permalink 防犯 

2005年に特に目立った犯罪、事件を選んでみました。

●狙われる銀行預金-キャッシュカード偽造、盗撮事件-

 ATMに盗撮カメラが取り付けられ、
 暗証番号を盗み撮られる事件が話題になりました。
 つい最近、盗撮され偽造されたと思われるキャッシュカードが
 コンビニATMで使われたという事件が発生しました。

 お金をおろす際は、
 つい画面の上の方を見てしまう癖がついてしまいました。
 私だけでしょうか?(笑)

 UFJ銀行のATMに盗撮小型カメラ設置
 -カード挿入口と操作画面、カメラ2台で盗撮-
 http://www.security-joho.com/topics/2005/atmnocamera.htm

 現金自動預払機のカード挿入口自体に暗証読み取り機を設置?
 -新手のキャッシュカードスキミング被害-
 http://www.security-joho.com/topics/2005/atmnicamera.htm


 一時、銀行のキャッシュカードは、
 指紋認証、静脈認証と、
 個人を識別する生体認証が話題になりましたが、
 結局、導入に踏み切ったのは大手銀行がほとんどでした。
 大半を占める地方銀行では依然、模様眺めの態度が続いています。
 
 民営化が決まった郵政のシステムとの兼ね合いもあるのでしょうが、
 今も被害に遭っている人が多い中、
 金融機関は、顧客の預金に対する安全意識が希薄、
 といわれてもしかたがないでしょう....。

 さらには、
 お客の預金を着服する内部の不祥事もすごく目立った1年でした。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051227-00000126-jij-soci


 ●ネットバンクの盲点を狙う。
 -ソフトを使ってパスワードを盗み取り、預金を送金!-

 『スパイウエア』を使って、
 ネットバンクの預金を勝手に送金する事件も世を騒がせました。

 千葉銀行の顧客、CD―ROMで勝手に数百万円が送金される。
 -インターネットバンキングの盲点を突いた新手の振り込め詐欺-
 http://www.security-joho.com/topics/2005/cdrom.htm

 『スパイウエア』で初摘発、スパイメールやCDを送りつける。
 -ネット上仮想商店街の出店者がターゲット?-
 http://www.security-joho.com/topics/2005/spy1.htm
 『購入した商品に不備がある。添付ファイルの画像を見てほしい』
 顧客を装い、販売会社に送りつけたつけられた苦情メールには
 こう書かれていました。

 会社は当然、添付ファイルを開封、
 瞬時にスパイウエアがパソコンにインストールされ、
 気付かないうちに、容疑者のサーバーにパスワードが発信され、
 預金が引き出されたりしました。

 ソフトを使った知能犯罪は、来年も増え続けるでしょう...。


 ●復活した爆窃団!

 外壁に金づちやジャッキを使って大きな穴を開け、
 宝石店に侵入、多額の貴金属を奪い取る爆窃団の犯行が話題に!
 東京や福岡など犯行は広がりを見せています。

 パソコンを使った、知能犯罪が増える一方、
 建物を破壊して貴金属を奪い取る、手荒な事件も目立ちました。
 犯人はまだ捕まっていません。

 ドリルで壁を破り侵入する『爆窃団』復活、貴金属4億被害も
 -壁を壊して侵入し根こそぎ商品を盗むのが特徴-
 http://www.security-joho.com/topics/2005/bakutoudan.htm
 宝石店の壁に穴てを開け侵入、1億4千万円相当盗まれる
 http://www.security-joho.com/topics/2005/kabeana.htm



 ●通学路で小さな子どもが狙われる。
 -あいつぐ子どもが被害に遭う犯罪-

 最近、マンション偽造事件の影に隠れがちですが、
 茨城の事件はまだ未解決です。
 講師による学習塾での刺殺事件も衝撃的でした。

 金銭目的でなく、もともと悪戯目的の犯行ですので、
 安全対策にはたいへんなマンパワーが必要です。
 自治体や地域の協力なしでは、
 到底解決できる状況では無くなってしまいました...。 

 校内の監視カメラや防犯ブザー、警備会社のGPSから始まって、
 子ども専門のボディガード業まで出てきました。
 しかし、効果的な安全対策はまだ出てきていません.....。

 http://www.security-joho.com/topics/2005/kodomonohigai.htm
 栃木小1女児殺害事件
 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/tochigi_missinggirl_murder/
 広島小1女児殺害事件
 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/hiroshima_aki_murder/



 ●高齢者や認知証のお年寄りを狙う悪質リフォーム詐欺。

 孫のような若い営業マンが自宅に上がり込み、
 高齢者を狙って不要な住宅改良工事を勧め、
 高額の代金を支払わせる...。

 寂しい思いをしている心理につけ込む、
 卑劣で許されない商法です。
 しかし、残念なことですが、
 高齢者、弱者を狙う詐欺事件は今後もなくなることはないでしょう。

 
 -収入に見合わない契約禁止、全国信販協会が指針-
 収入のない高齢者が、営業員の口車で多額なクレジット契約を
 結ばせられていた事にも、世間は驚きました。
 最近クレジット契約を結ぶのは難しい、といわれているのに....。
 
 契約を結べた事自体が、全く不思議な話ですが、
 この当たり前の疑問にクレジット会社もやっと対策に乗り出したようです。
 http://www.security-joho.com/topics/2005/sinyoutyousa.htm
 悪質リフォーム問題
 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/vicious_reform/

 
 その他、おなじみの重大事件
 来年は、少しでもいい年になってもらいたいですね。
 
 ●耐震強度の偽装問題
 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/false_quakeproof_data/
 ●アスベスト健康被害
 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/asbestos/
 ●JR福知山線脱線事故
 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/jr_fukuchiyama_accident/


bouhantaisaku at 12:10|Permalink 防犯 | 事故

富山県警冤罪事件

21世紀に入ってもこんな冤罪事件がおきているんですね。
 意外にも、遠い世界の話ではなかった、冤罪被害。

 2004年、
 婦女暴行未遂容疑で逮捕された男性が逮捕され
 裁判で懲役3年に処され刑を服した後に
 その後、真犯人の逮捕に自供によって
 無実だった事が判明した冤罪事件です。



 ○えん罪強姦、富山県警本部長が男性に直接謝罪、就職先紹介も?
 毎日新聞 2007年1月28日
  
 富山県警が強姦容疑などで逮捕した男性が
 服役後に無実と分かった問題で
 県警本部長と刑事部長が男性に直接謝罪、
 刑事部長は、組織のけじめ、として
 就職先の紹介をする意向を伝えていたことが分かった。
 
  

 ○富山県警、冤罪関係者処分せず
 2007年1月31日 読売新聞
 
 富山県警が2002年に男性を婦女暴行容疑などで
 誤認逮捕した冤罪事件で、
 県警警務部長は定例記者会見で、
 事件を捜査した当時の関係者らを処分しない方針を明らかに。



 ○警誤認逮捕の男性、身内が認めたと迫られ自白した、と語る。
 2007年1月26日 読売新聞
 
 富山県警の婦女暴行冤罪事件で、
 男性が読売新聞の取材に、
 無実の罪を自白するに至った経緯を初めて語った。

 男性によると、
 取り調べは、任意同行を求められた2002年4月から始まり、
 『身内の者が間違いないと言っている』と何度も告げられ、
 認めざるを得ない状況だったと話した。
 
 さらに、
 『うん』か『はい』以外に言うな。
 『いいえ』という言葉を使うなと言われ、
 『今からいう言葉を一切覆しません』とする念書も書かされ、
 署名指印させられたとも語った。
 

 男性は、
 犯行時間には電話をしていたとアリバイを訴えたが、
 取調官は、
 相手は電話を受けていないと言っていると取り合わなかったという。

 しかし、県警が冤罪事件発覚後に男性の無実を証明する事実として
 発表したのは、
 犯行時間帯の男性宅の固定電話の発信履歴だった。
 
 富山冤罪、県警が現場見取り図など「自白」証拠捏造
 http://blog.livedoor.jp/keisatunews/archives/54417370.html


 ○『取調官恨まない』?、地検が男性から調書をとる。
 5月28日 毎日新聞

 冤罪被害者の男性が弁護団に対し
 冤罪と分かった直後、
 富山地検から
 『(捜査を担当した)県警の取調官と地検高岡支部の副検事を恨まない』
 という内容の調書を取られた、
 と話していることが分かった。
 男性は調書に押印、署名したという。



 ○冤罪再審の初公判わずか35分、裁判官、取調官の証人尋問は認めず。
 2007年6月20日 読売新聞

 富山県の男性が県警に誤認逮捕されて服役した冤罪事件の
 再審初公判(6月20日、富山地裁高岡支部)。
 
 弁護側が取調官の証人尋問を申請すると、
 検察は間髪を入れず、
 「必要ありません」と声を上げた。

 裁判官3人も約2分間協議した後、
 裁判長は「却下します」と述べた。
 
 初公判はわずか35分ほどで終わり、
 男性は弁護人を通じて
 「裁判に対して絶望した」とコメントを出した。


 ○富山・強姦冤罪事件:弁護士会調査委の聴取、公表巡り意見合わず /富山
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070630-00000287-mailo-l16

 富山県弁護士会の調査委員会は
 冤罪被害者男性から聴き取りを行う初の会合を開いた。
  
 会合は非公開で開かれた。
 出席者によると、
 被害者男性が
 内容を外部に公開することを前提に録音を認めるよう希望したのに対し、
 調査委側が録音内容の公開を拒んだことで
 わずか10分足らずで終了した。
 
 男性は、弁護士への不信感が増しただけ、
 こんな調査委なら解散してほしい、と憤っている。



 富山連続婦女暴行冤罪事件-ウイキペディア
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%B1%B1%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%A9%A6%E5%A5%B3%E6%9A%B4%E8%A1%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

冤罪被害者の供述は自白強要、

 証拠はねつ造、

 また、第一審では
 意外にも、取調官の証人尋問を認められなかった事から、
 検察、裁判所には
 真剣に冤罪被害者の人権を守ろう、
 という姿勢がどうしても感じられません。


 さらに、
 非公開で今回の冤罪事件の検証をすすめようとする
 富山県弁護士会の姿勢にも疑問を感じます。
 弁護士会の姿勢に、
 冤罪被害者の男性はかなり怒っているようです。
 

 結局、 
 今回の冤罪被害者の人権は誰が守ってくれるのでしょうか?

 長勢法務大臣も(富山県選出)男性に対し謝罪したものの、
 男性が述べた自白の強要については
 違法性が無いと述べているようです。



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 もし、あなたや、親族、知人が逮捕されたら…大阪弁護士会
 http://www.osakaben.or.jp/web/05_consult/01/09.php#1
 冤罪甲山事件
 http://www.jca.apc.org/kabutoq/
 帝銀事件ホームページ
 http://www.gasho.net/teigin-case/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

bouhantaisaku at 12:07|Permalink 冤罪事件 

2009年03月08日

バイオメトリックッス-生体認証

http://www.securitynet.jp/biz/seitai.htm
 最近、銀行の偽造キャッシュカード問題などで、
 人の指紋や静脈の形などで本人を確認する、
 生体認証機能の導入が流行のようにもてはやされています。

 人の身体を鍵にする、1人に一つしかない鍵です。
 しかし、本当に偽造が不可能なのか?
 人体の形をデジタル化したデータが、
 不正に世の中に出回るような事態になったらどうなるのか?
 
 あらゆるメーカーでさまざまな商品化が進んでいます。
 しかし、
 内部のデータが漏洩、悪用された際の責任の所在は
 いまもはっきりしていません...。
 

 ◇バイオメトリクスの新たなリスク
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/Security/20050422/159969/
 メルセデス・ベンツの指紋ロックを開けるために
 犯罪者が男性の指を切り落とした!

 ◇一番のネック、それは「生体情報」の管理
 http://www.it-hoken.com/000953.html
 生体認証に用いられるデータ。
 もし外部へ流出すれば、大きな問題となるのは必至だ。
 偽造される可能性もあり、そのデータ自体二度と使えないものとなってしまう。
 しかも、これらは固有データで、当人が変更ができるものではない。
 IDや暗証番号のように、再発行ができる代物ではないのだ。




bouhantaisaku at 12:00|Permalink 個人情報 

フィッシング詐欺で全国初の逮捕者、偽ヤフーで個人情報入手

◇フィッシング(Phishing)詐欺とは?
 http://www.security-joho.com/topics/2005/phishing.htm

 大手企業を装いランダムにメールを発信、
 メールの受信者に偽のホームページにアクセスするよう仕向け、
 そのページから個人の金融情報
 (クレジットカード番号、ID、パスワード等)
 などを入力させるなどして
 個人の金融情報を不正に入手する詐欺の手口です。


 ◇UFJカードで被害、海外で約150万円引き出し
 http://www.security-joho.com/topics/2005/fishingsagi1.htm
 『セキュリティーを強化します』などのメールが届き、
 そこに書かれたアドレスでカード会社の偽ホームページに接続。
 カード番号や暗証番号などを記入してしまった、という事例。
  
 ◇メールで偽ホームページにアクセスさせ、暗証番号を狙う詐欺
 http://www.security-joho.com/topics/2004/fishingsagi.htm


bouhantaisaku at 11:59|Permalink 個人情報 | 詐欺

子どものパスポートが盗難

http://www.security-joho.com/qa/mailbox/soukan.htm

 日本のパスポートは信用力が高いので、
 悪用する側にとってもたいへんな魅力があるようです。
 
 ある日本人が外国でパスポートの盗難にあってパスポートを再発行、
 その日本人は数年後に外国を訪れた際に訪問国に入国できず
 日本に強制送還された、ということがあるそうです。
 世界的に手配されている犯罪者が、
 盗んだそのパスポートを使っていたことが原因だそうです。
  
 実際に盗まれなくても、
 氏名と生年月日とパスポートの発行地のデータが
 売買されているということもあるそうです。
 国内だけの話ではないので対応が難しいですが、
 ちゃんとした盗難届けと再発行の手続きは
 早めにしたほうがいいようです。

個人情報保護法と情報漏洩、プライバシー、情報漏洩


おすすめ防犯システム!http://www.security-joho.info/bbee/index.htm"target="_top">
BBeeホームセキュリティ
就寝中、在宅中も警戒モードにできるBBeeホームセキュリティ。月々の管理費用の要らない本格派防犯システム。一戸建て住宅、マンション、アパートの空き巣、防犯対策に。


警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!



bouhantaisaku at 11:58|Permalink 個人情報 

クレジットカードを使う際の注意点

http://www.security-joho.com/topics/2002/cardhanzai.htm
 国内でもクレジットカードの不正使用被害が
 一気に増加しそうな気配です。
 
 おかしいな、と気づいたときの対策
 
 実に覚えのない買い物に気付いた時は即!
 カード会社と警察に届け出る。
 一般に、
 カード被害の補償は届け出た日から60日前までのものに限られます。
 ここで重要なのが、支払日の10日程前に送られてくる利用明細。
 通常、支払日と締め日の間はおよそ1ヶ月、
 その間に利用明細が届きます。
 その利用明細で盗難被害に気づいて速やかに届け出を出しさえすれば、
 60日以内なので全て補償されます。
  
 見の覚えのない買い物など、明細に不審な点があったら
 すぐにカード会社に問い合わせてみてください。

 ◇クレジットカードが盗まれました..。そんなときの対策は?
 http://www.security-joho.com/topics/2002/card2002.htm


通帳、印鑑の盗難被害、印鑑、カード、偽造、預金者保護法


bouhantaisaku at 11:57|Permalink 詐欺 
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: