2008年04月

2008年04月26日

無線式重機接近警告アラームシステム

重機やフォークリフトなどに設置する送信機と、
作業員が装着する携帯受信機、運転手が持つ携帯受信モニターから構成されます。


送信機を設置した重機などが、作業員の方に接近すると、
受信機からアラーム音が鳴り、作業員の方に注意を促します。



送信機(電池駆動)


作業員用ペンタイプ受信機
重機等の移動する危険物に電波送信ユニット(微弱電波)を装着し 、
ペンタイプの携帯受信機をヘルメットや衣服に装着し、送信機側が作業員が近づくと ピッピッピ・・・という警告音で危険を知らせてくれます。


重機が近づくと、パトライトを作動させる固定型の受信機もあります。


何mまで近づくとアラームが鳴るかを調整できます。
感度調整は約3m〜約15m前後。


建設現場や工場などで、労働災害防止対策にご利用ください。


無線式重機接近警告アラームシステム

bouhantaisaku at 07:13|Permalink 防災 
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: