2013年09月22日

セコムと事務所の契約して20年以上経つのですが、最近料金に納得がいかなくなりました。

郊外の工場の事務所をセコムと契約して20年以上経つのですが、
最近、取引先が会社を新築してセコムと契約したのですが、
うちよりも月々の契約料金がかなり安かったようです。(※半額近く)

平米数や部屋の数はあまり変わりません。
料金の計算方法が変わったのでしょうか?

--------------------------------------------------

警備会社の料金は各社の競争でかなり安くなってきています。
そのために10年以上前の古い契約は、
今の契約料金よりも高い料金で契約をしている場合もあると思われます。

料金ダウンにつながるような話は
警備会社側からは積極的に話はこないと思いますので
どうしても納得いかない場合は直接警備会社に相談されてみてはいかがでしょうか?
他社から見積もりを取ってみて比較するのも一つの方法です。


bouhantaisaku at 20:19|Permalink 防犯 

2013年07月17日

センサーライトによるご近所トラブル。

家電販売店などに置いてあるセンサーライトの感知範囲は
扇状に左右上下に大きく広がった商品がほとんどです。

センサーの角度や向きを多少変えることはできますが、
お隣の住宅に敷地も含めて反応するように取り付けてしまうと
ご近所トラブルの原因になる場合も考えられます。

お隣の敷地と隣接している場合は、取付場所に注意が必要です。

bouhantaisaku at 13:25|Permalink

2013年06月17日

耳かき1本でドア解錠。空き巣重ね数千万相当盗んだ疑い。

金属製の耳かき1本で、玄関ドアを解錠の手口で空き巣を重ねていた男2人を埼玉県警が逮捕した。

築15年以上の集合住宅で普及していた錠前の一部が老朽化し、目をつけられたという。


2人は昨年10月までの約3年間で埼玉や神奈川など1都5県の集合住宅計207カ所に侵入し現金約2200万円と金品(時価約6200万円)を盗んだ疑い。


狙われたのはピンタンブラー錠。正しいかぎ以外で鍵穴部分が回らぬよう内部にバネで押し出されたピンがあるタイプ。


朝日新聞2013年6月15日

bouhantaisaku at 16:44|Permalink

2013年05月15日

テナントビル内の事務所の事務所荒らしの手口。

泥棒はテナントビルの中に一旦侵入してしまえば、
事務所へ侵入する方法一戸建ての事務所と同じ侵入の手口と変わらなくなります。
共用部の事務所の出入口、廊下に面した窓、非常階段側の窓からなど窓ガラス破壊やドアの鍵破り(バールなどによる破壊)による手口。

建物全体として防犯システムの入っていないテナントビルの場合、
夜間や休日は多少大きな破壊音をさせても周囲に気づかれにくい点があります。

bouhantaisaku at 16:48|Permalink 防犯 

2013年05月13日

警報機作動、犯人はロボット掃除機?

先日、警備会社から大分南署に「ある事務所で警報機が鳴っている」と通報があった。急いで駆けつけてみると、事務所のガラスが割れているわけでもなく、誰かが侵入した様子もない。警報機はネズミや鳥などの動物にも反応するため、その類いではないかと思っていたところ、「ウィーンウィーン…」と機械音。
音の方に近づいてみると、せっせと掃除をしているロボット掃除機を発見。思わぬ犯人に「便利な世の中になったが、こんなことがあるとは」と苦笑いの署員。

ミニ事件簿 2013年5月13日  大分合同新聞社

bouhantaisaku at 21:40|Permalink 防犯 

2013年04月06日

防犯灯

防犯灯は街路に設置されている街灯の一種で、道路照明灯より照射範囲が狭い。
防犯灯は、一個あたりの値段が安く、電気代が安いために色々な場所に設置されている。
また新たに柱を立てずに、電柱等を利用して設置した場合では設置工事費が安いのも特徴であり、住宅地などの比較的狭く交通量の少ない道路に多い。
防犯灯とは、夜間不特定多数の人が通行する生活道路で、
暗くて通行に支障がある場所や、防犯上不安のある場所に設置される電灯のことで、設置場所の状況に応じて、
電柱に共架したものや、専用の柱(照明柱)を建て取付を行うタイプのものがある。
市町村が設置・維持管理の全てを行う場合、市町村が設置し自治会・町内会によって維持管理されている場合、
設置・維持管理の全てを自治会・町内会が行う場合等、設置と維持管理の方法は市町村により様々な形態がある。
自治会・町内会が設置や維持管理を行っている場合は、市町村が費用の一部を補助している場合が多い。


ウィキペディア


bouhantaisaku at 16:03|Permalink 防犯グッズの選び方 

2013年03月08日

催涙スプレーの使用目的

催涙スプレーは使用方法や使用目的を誤ると大変危険な商品です。犯罪行為や悪戯など悪意で使用した場合は重大な犯罪となり法的に処罰されます。

たとえ正当防衛であっても過剰防衛であったと司法が判断を下す場合もあります。法的に正当かつ必要であったと判断される状況での自己防衛以外には絶対に使用してはいけません。



bouhantaisaku at 14:52|Permalink 防犯グッズの選び方 

催涙スプレー

OCガス
唐辛子成分のガスで、麻薬中毒者や動物等にも効果があります。その瞬間から喉、鼻、眼に強烈な痛みが生じ、激しく咳き込みます。 OCガスは薬物中毒者や泥酔者に非常に効果的ですが、成分が気化しないため賊の呼吸器系を直撃しない限り効果はありません。

CNガス(催涙ガス)
揮発性が非常に高く即効性があります。命中すると皮膚や粘膜を激しく刺激して涙が止まらなくなります。 CNガスは麻薬中毒者や泥酔者には効果が無いという短所がありますが、噴射後のガスの揮発スピードが速いために、顔面をガスが直撃せず、胸元や腕に命中しただけでも十分に効果を発揮します。



bouhantaisaku at 14:51|Permalink 防犯グッズの選び方 
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: