2020年09月17日

全国初、特別給付金詐取で外国人逮捕 既に帰国した他人の在留カードでだまし取る

他人の在留カードを使って国の特別定額給付金をだまし取ったとして、兵庫県警組織犯罪対策課と葺合署、大阪出入国在留管理局などは16日、入管難民法違反(他人名義在留カード行使)と詐欺の疑いで、ベトナム国籍の女(30)=神戸市中央区=を逮捕した。同給付金を巡り、外国人が詐欺容疑で逮捕されるのは全国初という。

逮捕容疑は7月3日、千葉県習志野市役所を訪れ、同市から既に帰国したベトナム人女性(22)の在留カードとキャッシュカードなどを示して同給付金を申請し、8月3日、女性の口座に現金10万円を入金させ、だまし取った疑い。「親戚の在留カードを使った」と容疑を認めているという。

同市の担当部署によると、在留カードには顔写真が添付されているが、窓口では別人と気付かなかったという。同課は、女が在留カードなどを入手した経緯を調べている。女の自宅からは偽造の在留カードも複数見つかっているといい、関連を調べる。

2020/9/16神戸新聞NEXT



bouhantaisaku at 13:49|Permalink 詐欺 

2020年09月15日

国勢調査の手提げ袋、メルカリで一時販売 出品禁止に指定

高市早苗総務相は15日、国勢調査の調査員に配布している手提げ袋がフリーマーケットアプリ「メルカリ」で販売されていたことを確認し、アプリを運営するメルカリに出品の取り下げを要求したことを明らかにした。高市氏は「国勢調査を装った詐欺などに用いられる可能性もある。フリマサイトの売買に使われたのは極めて残念」と述べた。

メルカリによると、確認された手提げ袋の出品は1件で、同日朝に出品を取り下げた。すでに昨日の時点で売買が1千円で成立していたが、
「発送前だった可能性が高い」(同社)という。同社は同日、犯罪に使われる可能性がある商品として、国勢調査の手提げ袋を出品禁止物に指定した。

高市氏によると、手提げ袋は国勢調査の調査員に任命された人に配布されているもので、調査票を持ち歩く際は、この手提げ袋を使うように要請。回収した調査票を市区町村に提出する際にも、
この手提げ袋を用いるように指導しているものだという。
国勢調査は今月14日に調査票の配布とインターネット回答が開始された。
調査を装って、銀行口座情報を聞き出すなど詐欺が発生することも懸念されており、調査員には専用の手提げ袋のほか、調査員証や腕章を配布している。
高市氏は「国勢調査で金銭の要求やクレジットカードの番号、銀行口座の暗証番号を聞くようなことは絶対にない」と注意を呼びかけた。

2020/9/15産経新聞




bouhantaisaku at 17:59|Permalink 詐欺 

2020年08月25日

ビル警備中に侵入と窃盗未遂疑い ALSOK社員を逮捕

東京都千代田区のビルを警備中に弁護士事務所に侵入し、現金を盗もうとしたとして、警視庁丸の内署は25日までに、窃盗未遂と建造物侵入の疑いで、警備会社「ALSOK東京」社員の容疑者(26)を逮捕した。
同署によると、ALSOKが管理するマスターキーを使い制服姿で事務所内を物色していたとみられ「複数回侵入し現金を取った」と容疑を認めている。これまでに計約200万円がなくなっており、関連を調べる。

逮捕容疑は7月22日午後8時半ごろ、千代田区のビルに侵入し金品を盗もうとした疑い。防犯カメラ映像で発覚した。

2020/8/25 共同通信

bouhantaisaku at 11:39|Permalink 防犯 

2020年07月14日

ソーシャルディスタンス-社会距離拡大戦略

社会距離拡大戦略(social distancing) は、感染症の拡散を停止または減速させることを目的とした医薬品を使わない感染抑制のための手段である。
人と人との間に物理的な距離を取ることによって人が互いに密接な接触を行う機会を減少させる方策のことであり、典型的には他者から一定の距離を保つこと(どの距離が適切かは、時と場合によって、また国によって異なることがある)や、大きなグループでの集まりを避けることを含む。
社会距離を置く目的は、感染症のある人と感染していない人との接触の可能性を減らし、病気の伝染、罹患率、そして最終的には死亡率を最小限にすることである。


ある未感染者が感染者と身体的接触を行う可能性を減少させることで、感染経路が制限され、死亡率の減少につなげることができる。
社会距離の拡大策は良好な呼吸器官の衛生策(マスク着用、咳エチケット、呼吸器の分泌物や汚染物に触れた場合の手指消毒など)や手洗いと組み合わせて用いられる。


伝染病の拡散速度を弱め、とりわけ医療システムに過重な負担をかけることを回避するために、パンデミック(広範囲の流行)の間は、学校の閉鎖、職場の閉鎖、隔離、検疫、防疫線(英語版)による封鎖、大人数の集会(英語版)の中止などの社会距離の拡大策がとられる。


出典 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

bouhantaisaku at 09:44|Permalink 防災 

2020年06月03日

イタリア人船員装い詐取疑い、被害1億円超か 兵庫

SNS上でイタリア人船員を装って女性に近づき、多額の現金をだまし取ったとして、兵庫県警組織犯罪対策課は2日、詐欺などの疑いで東京都台東区、中国籍の職業不詳の容疑者(41)を逮捕、送検したと発表した。言葉巧みに外国人に恋愛感情を抱かせる「国際ロマンス詐欺」の手口で、被害総額は1億円を超えるとみられる。

県警によると、女性は昨年11月、SNS上でイタリア人船員を名乗る人物と知り合った。
船員役は「日本で一緒に住みたい」とハートマークを多用して言い寄り、女性に約900万ドルの現金や金塊などのプレゼントを贈ったとしたが、「タイの税関で止まったため送料や解除料が必要」と送金を要求。女性は同12月以降、7回に分けて日本の金融機関の指定口座に計約1億1300万円を振り込んだ。結局何も届かず、3月に県警に相談した。

容疑者は現金を引き出す「出し子」とみられ、「違法なお金と思わなかった」と容疑を否認している。
送検容疑は船員を名乗る人物らと共謀して昨年12月〜今年2月、女性から約8800万円をだまし取ったとしている。


2020/6/2産経新聞

bouhantaisaku at 08:51|Permalink 詐欺 

2020年04月22日

10万円給付に乗じた不審メールも。北海道。

新型コロナウイルス対策で政府が発表した10万円給付に乗じた不審なメールが、道内の男性のもとに送られていたことがわかりました。道警は不審な電話にも注意を呼び掛けています。

22日午前10時頃、苫小牧市の40代男性に届いたメールです。携帯電話会社を装い国民への10万円給付に関しての詳細をURLにアクセスして確認するよう促しています。
道警は個人情報を抜き取られる恐れがあり、クリックしないよう呼びかけています。また道警は22日から特殊詐欺被害防止の啓発を始めています。

ことし1月から3月末までの特殊詐欺の被害は、去年より13件およそ4000万円増えていて、犯人が警察官などになりすましキャッシュカードをだまし取る被害が相次いでいます。新型コロナで、家にいる人が増えている中、不審な電話に特に注意をするよう呼びかけています。

2020/4/22北海道テレビ放送


bouhantaisaku at 13:08|Permalink 詐欺 

2020年04月17日

出荷間際のホウレンソウ 窃盗被害 太田 新型コロナで高値 背景か

群馬県太田市内の農家のビニールハウスから出荷間際のホウレンソウを大量に刈り取って盗まれる被害が3件相次いでいることが16日、分かった。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛などで、手軽に調理できるホウレンソウは例年に比べ5割近く高値という。

みどり市では栽培中のスイカが2回にわたって計81個盗まれる被害もあった。いずれも転売目的とみられ、群馬県警は窃盗事件として捜査している。

2020/4/17 上毛新聞


bouhantaisaku at 14:23|Permalink 盗難事例 

2020年04月16日

マスク送り付け商法に注意 消費者庁「国は代金請求しない」

消費者庁の伊藤長官は15日の定例記者会見で、全世帯に2枚ずつ配布される予定の布マスクに便乗し、
注文した覚えのないマスクなどを送り付け、代金を請求する悪質商法が横行する恐れがあるとして、注意を呼び掛けた。「国が代金を請求することは一切ない」としている。

消費者庁によると、全国の消費生活センターなどで受け付けた新型コロナウイルス感染症関連の消費生活相談は、13日までに1万3432件に上る。うち、マスクなど衛生用品の送り付けに関する内容が151件あり、「使い捨てマスクが宅配便で届いたが、身に覚えがない」などの相談が寄せられている。

2020/4/15 共同通信

bouhantaisaku at 09:24|Permalink 詐欺 
最新記事
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: